ページTOPへ

エリオット波動

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

エリオット波動

エリオット波動とは「相場は5つの上昇波と3つの下降波で構成されるという理論のこと」です。

 

ラルフ・ネルソン・エリオットが提唱されたチャート理論で、個別銘柄よりも相場全体の動きを捉えるのに適した理論です。

 

エリオット波動

 

上図が基本となる形です。

 

エリオット波動と認められる波動にはいくつかのルールがあり、第1波の高値を第4派の安値が下回らない、第3波は最も短い波動にはならない等あります。

 

エリオット波動は、短いもので数週間、長いもので100年近い期間になり、短期のエリオット波動が積み重なって長期のエリオット波動を形成します。

 

エリオット波動

 

上図のように、どの期間で見るかによって、チャートの見え方がく変わってくることに注意して下さい。

エリオット波動とフィボナッチライン

エリオット波動がどういったものか理解した上で、どのように投資に役立てるかを考えます。

 

動きの形を理解できても、肝心のどこで反発するかが分からないと実際に投資では役に立ちません。

 

そこで、エリオット波動との相性が良いのが、フィボナッチラインです。

⇒フィボナッチラインの詳しい説明はこちらから

 

エリオット波動とフィボナッチライン

 

上図は第4波がどこで反発するかについて、フィボナッチラインを用いて示しています。

 

トレンドが非常に強ければ、76.4%で反発する可能性が高く、強くなければ50%までは押される可能性があります。

 

50%を割り込んでしまうと、チャートとしては崩れたという判断をせざるを得ません。

 

実際の相場ではそういったことも多々あるので、しっかり自分の中で基準を持ってトレードすることが大切です。

 

例えば、61.8%のラインで入って、50%のラインを損切りポイントにおいてトレードするのは、非常に有効なトレード戦略になります。

 

このようにエリオット波動を捉えて全体の動きを把握して、フィボナッチラインでトレードのタイミングを図ることができます。

 

お疲れ様でした!
以上で、エリオット波動の説明を終わります。

スポンサードリンク

株を始める王道3ステップ

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証