ページTOPへ

フィボナッチライン

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

フィボナッチレシオ

フィボナッチレシオとは「自然現象を説明するために用いられるこの世の黄金比率のこと」です。

 

人間が最も美しいと感じる比率がこのフィボナッチレシオの比率だと言われています。具体的には、ミロのビーナスやピラミッドなどの芸術品、オウムガイの殻やミツバチの巣などの自然界にあるものは、この比率で説明できると言われています。

 

このレシオは、イタリアの学者フィボナッチによって発見されたフィボナッチ数列により導かれます。

 

フィボナッチ数列とは以下のような数列です
1 2 3 5 8 13 21 34・・・

 

これは1+2=3 2+3=5 3+5=8と続いていきます。

 

そして、この数列で割り算をすると不思議なことが起こります。

 

1÷2=0.5
2÷3=0.66666・・・
3÷5=0.6
5÷8=0.625
8÷13=0.61538・・・
13÷21=0.61904・・・
21÷34=0.61764・・・

 

まあ、こんな感じで続けていくと0.618に収斂していくのです。そして、これが黄金比率のフィボナッチレシオとなります。

 

何かこじつけみたいな計算方法ですが、冒頭で話した通り我々の身の回りにはこの比率で説明できるものがたくさんあります。

フィボナッチライン

フィボナッチラインとは「フィボナッチレシオを用いたテクニカル分析手法のこと」です。

 

要するに、良く分からないけど株式でもこの黄金比率に通用するのではないかという考え方です。

 

フィボナッチラインには、縦の時間軸に引く方法や斜めに引く方法など様々ありますが、一般的な横に引く方法を今回は説明していきます。

 

本来のフィボナッチレシオは、0.618でしたが、株価に当てはめる場合は以下の数字を経験則で用います。

 

0.764
0.618
0.5
0.382
0.236

 

高値と安値の価格差に対して、上記のレシオをかけてフィボナッチラインを引いていきます。計算方法は、高値に比率をかけるなど間違っている方も多いため注意して下さい。

 

ちなみに、気になる方もいると思うので、どのように0,764や0.236が出てきたのかを説明すると

 

0.764=0.382+0.382
0.618≒21÷34
0.382≒13÷34
0.236≒8÷34

 

となります。これは、先ほどのフィボナッチ数列から8、13、21、34という並びを抜き出しています。当然、数が大きくなるほど、イコールに近づいていきます。
(これは余談なので、こういうものだと思ってもらえれば結構です)

 

フィボナッチライン

 

実際に、株価にフィボナッチラインを引くと上図のようになります。

 

このフィボナッチラインは下落場面で抵抗線として意識されやすくなります。

 

フィボナッチライン2

 

緑で囲った箇所0.618のラインで反発しようとしていることが分かります。しかし、売りが強くさらに下落しています。

 

下げ止まって反発したのは、青で囲った箇所0.382のラインでした。

 

当然、機能しないことも多いですが、投資家は抵抗線として意識しているラインなので、この近辺には思惑の買いや売りが入りやすく出来高は必然的に大きくなっていきます。

 

また、フィボナッチラインは1以上にも引くことが可能です。1.382、1.618などを用いることが多いです。

 

これは逆に上げ相場で天井として機能します。

 

このような感じで、フィボナッチラインは慣れれば非常に使いやすいテクニカル指標と言えます。

 

ただじ、欠点もあります。それは、高値と安値をどこに取るかで数字が変わってくることです。言い換えると、人によってフィボナッチラインが引かれる価格帯が変わってきます。

 

そのため、デイトレードのように、チャートの形がめまぐるしく変わるトレード手法には向いておらず、中長期のトレードで重宝される手法と言えます。日足で半年もしくは1年のチャートで分析しておけば、フィボナッチラインとして機能しやすいです。

 

フィボナッチラインがちゃんと引けてるかの確認方法としては、過去の株価推移で引いたフィボナッチラインが意識されているかを確認すると、精度は高くなります。

 

お疲れ様でした!
以上でフィボナッチラインの説明を終わります。

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析