初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは「自分の好きな自治体に寄付したお金が税金から控除されるという寄付金制度」です。

 

地方分権が進む中で、税収が多い大都市と過疎化に悩む地方の財政格差拡大に一石を投じる政策と言え、自治体の新たな財源として注目されています。

 

当然、自治体としてはできる限り多くの方に、この制度を利用して自分のところへ投資してもらいたいわけです。

 

そのために、寄付者に対してお礼を用意する自治体も出てきました。

 

競争の原理が働き、年々そのお礼も豪華さを増してきています。

ふるさと納税のシステム

ふるさと納税とは自治体にお金を寄付することです。

 

ただ、この寄付したお金のほとんどは税金の控除対象となるため、実質的に我々の出費はほぼありません。

 

もう少し、詳しく制度をみていきましょう。

 

まず、寄付額のうち2000円は控除対象外となります。それ以上の金額は上限額まで控除対象となります。

 

税金の控除を受けられる上限金額は、我々の納税額で決まっています。つまり、年収や家族構成で決まります。

 

 

独身者の場合は、

 

年収300万円で28000円、年収500万で61000円、年収700万で108000円となります。

 

夫婦で共働きではない場合は、

 

年収300万円で19000円、年収500万で49000円、年収700万で86000円となります。

 

夫婦で共働きではない、かつ高校生の子が一人いる場合は、

 

年収300万円で11000円、年収500万で40000円、年収700万で78000円となります。

 

 

住宅ローンや医療費控除を受けていない方のモデルとなりますので、もし何か控除を受けているともう少し少なくなります。詳しくはご自分でも確認してみて下さい。

 

自分の控除可能額を計算できるサイトを見つけたので、リンク貼っておきます。
https://www.satofull.jp/static/calculation01.php

 

繰り返しになりますが、ご自身の上限額までは寄付金額だけ税金が少なくなるため、自己負担は2000円だけです。

ふるさと納税ってどんなもんよ

ふるさと納税は自己負担が2000円だけであることは理解して戴けたと思います。

 

では、実際に実例を見て、そのお得感が実感して下さい。

 

ということで、鳥取県米子市のふるさと納税を見てみましょう。

 

 

 

3000円寄付すると上記、画像全ての商品が頂けます(@_@)

 

さらに、1万円以上で、上記に加えて「二十世紀梨」とか「大山地どり」とか色々ある中から鳥取県の特産品を一つ頂けます。

 

3万円以上だと、さらに特産品をもう一つもらえるます。

 

もちろん、様々な自治体がユニーク、かつ豪華なお礼を用意していますので、色々検索してみて下さい。ポータルサイトのリンクを貼っておきます。

 

さとふる
さとふる

 

 

上限額ギリギリまで、何個か自治体を組み合わせることで、自分が欲しいお礼を大量にゲットすることができます。

 

また、必ず払う税金が少なくなるという制度なので、ノーリスクでリターンを得ることができるわけです。

 

これは、やらなきゃ絶対に損ですね。

 

お疲れ様でした!!
以上でふるさと納税の説明を終わります。

スポンサードリンク

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析 ケース別株価変動分析