初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

MACD

MACDは「移動平均線から算出される線の動きで相場トレンドを読む手法」です。

 

Moving Average Convergence Divergenceの頭文字を取ってMACDと呼ばれており、移動平均収束拡散法と訳されます。

 

MACDでは、「MACDライン」と「MACDトレンド」と「OSCI」と言われる3つの指標を使って分析していきます。

 

それぞれの計算方法を見てみましょう。

 

MACDラインとは、26日移動平均線と12日移動平均線の差となります。

 

MACDトレンドとは、9日移動平均線となります。

 

OSCIとは、MACDラインとMACDトレンドの差となります。

 

ここで言う移動平均線とは指数平滑移動平均線であることは注意が必要です。

 

これは、時点ごとにウェイトを変えていき、直前の数字の方がウェイトを高くする計算方法です。

 

これにより、直前の数字が全体に与える影響を強め、トレンドをより素早くキャッチすることができます。

 

MACDの使い方

MACDの使い方は非常に簡単です。

 

MACDラインがMACDトレンドを下から上へ抜けた場合、買いとなります。

 

MACDラインがMACDトレンドを上から下へ抜けた場合、売りとなります。

 

つまりは、ゴールデンクロスしたか、デットクロスしたかを読むだけで良いです。

 

実際に先ほどのチャートで確認してみましょう。

 

 

赤丸が買い、青丸が売りとなります。

 

OSCIは、計算方法から分かる通り差を取っているだけです。ただ、実際にはかなり有効な情報を提供してくれます。

 

このOSCIが0に近づく場合、2つの指標の差が縮まっているということになりトレンドの転換に近づいていると言えます。

 

逆に差が広がっているということは、そろそろトレンドの勢いが弱まってくることを警戒する必要があります。売り抜けのタイミングなどを示唆してくれることになります。

MACDとストキャスティクスの違い

同じトレンド系テクニカル指標との使い分けは重要です。

 

特に、ストキャスティクスとの違いを理解して、使い分けるのは難しいところです。

 

ストキャスティクスの使い方は以下となります。

 

%Kが20%以下の範囲内で、%Dとゴールデンクロスした場合に買いタイミングとなります。

 

%Kが80%以上の範囲内で、%Dとデットクロスした場合に売りタイミングとなります。

 

かなり細かく定められている印象を受けるかと思います。

 

ボックス相場では株価は上下でもみ合うためゴールデンクロス、デットクロスがたくさんできてしまいます。

 

ここに、%Kが20%以下の範囲内という制限がつくことで、かなりの騙しを避けることができます。

 

つまり、ボックス相場のような横ばいな相場で、力を発揮するのがストキャスティクスです。

 

ちなみに、上昇相場、もしくは下落相場では%Kが20%以下、80%以上になりやすく、せっかく設けられた制限があまり発揮されなくなってしまいます。

 

これに対して、MACDはゴールデンクロス、デットクロスしたか、していないかという単純なため、ボックス相場では騙しが多く使いにくいです。

 

しかし、指数平滑移動平均で数字を算出しているため、トレンドをキャッチするのが非常に早く、上昇相場、もしくは下落相場では重宝する指標となります。

 

以下のように、2つ組み合わせるとどんな相場でも対応できます。

 

@%Kが20%以下の範囲内で%Dとゴールデンクロスする
AMACDでゴールデンクロスする
@とAを満たすと買いタイミングとなります。

 

B%Kが80%以上の範囲内で%Dとデットクロスする
CMACDでデットクロスする
BとCを満たすと売りタイミングとなります。

 

お疲れさまでした!!
以上で、MACDの説明を終わります。

スポンサードリンク

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析 ケース別株価変動分析