初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

アノマリー分析とは

アノマリーとは「理論的に導かれる予測と乖離した結果になる一連のパターン」です。

 

毎年起こったり、ある条件で起きたりする経験則というイメージで構いません。

 

通常、証券市場には効率的市場仮説と言われる前提があり、規則的な値動きは是正されていくと考えられています。

 

つまり、株価はランダムに動くようになるのです。

 

そんな常識が通じないため、アノマリーといった形で市場ではたびたび話題に上がります。

 

例えば、1月は株高になりやすい、春先から夏はビール会社の株が上がりやすいみたいな話です。
ジブリを放送した次週の相場は荒れるなんて奇抜なものもあります。

 

アノマリーを簡単に言えば、そうなりやすいという話です。

 

難しい説明は多くないので、ラクに見て戴ければいいかと思います。

 

アノマリーというと、ふわっとした曖昧なイメージを持っている方も多いかと思いますが、テクニカル分析等も絶対的な話というわけではありません。

 

アノマリーを知らないと、経験則上は不利な場面でテクニカル分析していた・・なんてことにもなりかねません。

 

アノマリーという一つのカテゴリーを知っておくと、投資の手掛かりになる話がきっとあると思います。

 

 

1月株高、12月株安 ここでは1月が株高、12月が株安となるアノマリーについて説明します。クリスマス、年末、正月など、実生活でも慌ただしいですが、実際に株式市場も大きく動くことが多い時期です。
節分天井、彼岸底 節分天井、彼岸底のアノマリーについて説明します。これは言葉のイメージ通りで節分頃に高値をつけてから下げて、お彼岸頃で底をつけるという意味です。多くの国内企業の決算である3月に向けたアノマリーがあるのは必然なのかもしれません。
夏枯れ相場 夏のアノマリーについて説明していきます。夏は市場参加者が少なく、相場が冷え込みやすい時期です。待つも相場なんて言ったりしますが、この時期は我慢が必要なストレスのたまりやすい時期です。
GWの値動き ゴールデンウィーク前後は、1年で株価が最も高くなる時期と言われています。それは、ゴールデンウィークが1年で最も株を売るのに適している時期だということです。一般的に売り抜けるのが難しいと言われる株式投資で、売り時を示すアノマリーは実に心強いものです。
TOM効果 TOM効果について説明します。月単位で見ると、月末、月初は株高になりやすいというものです。あまりメジャーなアノマリーではありませんが、投信が設定されている等、信頼できる要素はあります。また、毎月チャンスがあるので、実践しやすいアノマリーです。
高配当銘柄 高配当銘柄の値動きについて説明します。銘柄によって値動きの癖があるものですが、高配当銘柄についてはそれが顕著に出ると言われています。値動きの規則性が見えてくれば、そこには儲けるチャンスが生まれてくるのです。
魔の水曜日 SQ値の算出がある週の水曜日は相場が軟調になりやすいと言われます。魔の水曜日などという、さも恐ろしい名前がついています。SQ値は先物市場やオプション市場のものですが、現物市場にも大きな影響を与えるので、ついでにSQのことを知っておいて下さい。
スポンサードリンク


ランキング

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
株式投資を始めよう! ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析