ページTOPへ

株価が大暴落する特徴とは

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

株価の大暴落

2017年多くの方が儲かった相場でしたが、それに反して2018年は多くの方が損をした相場だったのではないでしょうか。

 

2018年の大暴落について振り返っていきましょう。

 

2018年大きな大暴落が3つありました。

 

騰落レシオ

 

18年2月にあった「VIXショック」、この暴落で17年の楽観的な相場は完全にへし折られることになります。日経平均24,000円から一気に21,000円までの大暴落でした。

 

次に18年10月にアメリカと中国の貿易戦争勃発から始まった株価大暴落です。この時も日経平均24,000円から一気に21,000円までの大暴落でした。

 

そして、最後に11月のアップル成長鈍化、グーグル、アマゾンの税金問題などアメリカの成長株市場であるナスダック銘柄暴落が発端となった大暴落です。

 

この時は、アップダウンを繰り返し、22,500円から12月末には19,000円割り込む自体となりました。

 

3つともリーマンショックを超えてくる強烈な下げ幅で大きなニュースとなりました。

株価大暴落を予想する

最初に言いますが、株価の暴落を正確に予見することは不可能です。

 

しかし、先人達の知恵を使えばある程度備えることができます。

 

@騰落レシオ
騰落レシオ

 

株価の買われ過ぎ、売られ過ぎを表している指標です。

 

120%を超えると買われ過ぎ、70%を下回ると売られ過ぎと言われています。

 

こうしてみると、2月と10月の暴落は騰落レシオが120%近くまで上がってきていた場面でした。

 

AMACD
日経平均MACD

 

上図で示すように、株価は上がるが、MACDが下がることをダイバージェンスと言い、その後の株価暴落を示唆するシグナルと言われています。

 

そのように見ると、週足でかなり強いシグナルが出ており、11月から12月末にかけての暴落はある程度想定することができました。

 

B三尊天井
日経三尊天井

 

上図のようの赤線で表現したような、3つ山なりで真ん中が一番高く、右が左より低い山になっているケースはその後大きな暴落が来る可能性が高いと言われています。

 

つまり、18年の暴落は悲劇だったというよりかは、悲劇の始りの可能性があるということになります。

本当の株価大暴落とは

2018年は上述したように3回の大暴落がありました。

 

多くの投資家に支持される著名投資家オニール氏が書籍で以下のように述べられています。

 

真の株価大暴落は天井を付けてから

 

5カ月〜7カ月後もしくはそれ以上後に起こる

 

18年9月頃につけていた24,000円後半が日経の天井だったとすると、本当の暴落はいつ来るのでしょうか。

 

楽天ブックス

オニールの空売り練習帖 (ウィザードブックシリーズ) [ ウィリアム・J.オニール ]

価格:3,024円

(2018/12/28 10:48時点)
感想(17件)

アマゾン

オニールの空売り練習帖 (ウィザードブックシリーズ)

新品価格

¥3,024から
(2018/12/28 10:49時点)

 

楽天でも、アマゾンでも、3,024円と少し高い書籍ですが、今回の暴落の前にもしこの本を読んでいればと後悔することは間違いなし!

まとめ

大暴落というのは、予知はできないが、予想して備えることができるものです。

 

そのためには、きちんとした株式投資への知識が大前提となります。

 

経済指標やニュースの意味など関係ありそうなことから、割安銘柄はどういうものか、どういう銘柄が値上がりしやすいか等の暴落と対極にある話まで、様々なことを知る必要があります。

 

平凡な結論にはなりますが、当サイトやおすすめ書籍などを活用しながら、日々勉強を続けていくことが大切であると思います。

 

スポンサードリンク

株を始める王道3ステップ

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証