初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

株式投資のプロセス

投資で大切なことを考えるうえで、どのようなプロセスで株式投資をするのかを整理した方が分かりやすいと思いますので、以下にて流れを整理してみます。

 

@自分のスタイルを決める
長期投資なのか、短期投資なのか、配当狙いなのか、値動きを狙うのか、ある程度スタイルを決めないと銘柄分析、ましてや銘柄選びはできないです。

 

A銘柄選び
スタイルが決まれば、次は銘柄選びです。

 

もちろん、ここもたくさんの選び方があります。テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、アノマリー、経済環境など様々な要因が絡まって株価が決まっており、どんな切り口で銘柄を選ぶか人それぞれです。

 

B売買タイミング
銘柄選びと同時進行かもしれませんが、どの銘柄を「いつ」買うのかは欠かすことのできない要素です。そして、その買った銘柄を「いつ」売るかも欠かすことができないです。

 

当たり前の話ですが、実際に売買しないと株式投資ではありません。

 

C損切り
売買タイミングの売りに含まれる話ですが、損切りというのが重要って巷でよく聞くと思います。

 

損を拡大させないことも、一つの戦略であり、これを重要視している方も多いでしょう。

 

D振り返り
一連の流れで株式投資した結果、きちんと振り返ることをやらないと、投資家としての成長はありません。

 

 

あくまで個人的な考えですが、プロセスを整理するとこんな感じになります。

結局、一番大切なことは?

せっかくプロセスを整理したので、皆さんにも考えてもらいたいです。

 

株式投資において、一番重要なことは何でしょうか。

 

売買タイミング?損切り?振り返り?

 

どれも必要なことですが、実はこれらは重要なことではありません。

 

プロセスを整理しておいてなんですが、このプロセスの中に重要なことはありません。

 

私は、一番重要なことはリスク管理であると考えます。

 

皆さんは、投資を自分の資産の何%内でやっていますか。

 

100万円の資金で5%の利益を出せば5万円です。

 

レバレッジをかけて50%の利益を出す取引も可能ですが、なけなしの金が一瞬で消える可能性もあります。

 

何を当たり前のことをと思う方が多いと思いますが、意外と理解していない方が多いです。

 

全財産100万円をつぎ込んだ勝負をするのと、1億円資産がある人が100万円投資するのではメンタルの持ち方が変わります。

 

果たして全財産をつぎ込んで、正常な判断を下せるのでしょうか。

儲けるのと損するのは大きな違い

メンタル的な話をしましたが、理論的に考えることも可能です。

 

100万円投資して10万円儲ければ10%の利益が出たことになります。

 

逆に、10万円損した場合10%の損失が出たことになります。

 

同じ10%ですが、大きな違いがあります。

 

10万円損した後の軍資金は90万円になります。ここから10%利益を出しても9万円です。

 

つまり、99万円にしかなりません。100万円にするには10%以上の利益を出す必要があるわけです。

 

大きな損を出せば、それを取り戻すには同じ%利益を出しても取り返せません。

 

レバレッジを上げて、大きな損を出すことの危険性が分かるかと思います。

 

リスク管理 60%
投資手法の確立 10%
売買タイミング 10%
振り返り 20%

 

個人的な力の入れ具合は、こんな感じです。

 

お疲れ様でした!!
皆さんの何かの参考になったら幸いです。

スポンサードリンク

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析 ケース別株価変動分析