初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは「移動平均線を軸に統計学を応用して、株価の変動範囲を予測するもの」です。

 

1980年代にジョン・ボリンジャー氏により考案された手法です。

 

算式を単純化すると以下のようになります。

 

ボリンジャーバンド = μ(移動平均)± σ(標準偏差)

 

移動平均については、移動平均線で見てきた考え方と同じです。
日数は任意として、5日とか20日とかの平均値がそれです。

 

ただ、標準偏差については、初見の方、もしくは聞いたことあるけどよく分からない方も多いと思います。

 

ボリンジャーバンドの説明をする前に、まずは標準偏差について説明しておきます。

標準偏差

標準偏差とは「統計値の散らばり具合を表す数値のこと」です。
σと表すことが多いので、同時に押さえておいて下さい。

 

算式で表すと以下となります。

 

分散=1/n×Σ(x-μ)^2
 
σ(標準偏差)=分散^(1/2)

 

nは個数、xは変数、μは平均です。
ただ、これでは分かりにくいので、例を挙げて考えてみます。
適当なゲームをイメージして下さい。

 

1回目→5点
2回目→3点
3回目→9点
4回目→4点
5回目→6点

 

だとすると、平均は5.4点となります。

 

つまり・・・

 

標準偏差=(1/5×((5-5.4)^2+(3-5.4)^2+(9-5.4)^2+(4-5.4)^2+(6-5.4)^2))^(1/2)

 

となります。
これを計算すると、標準偏差は2.06となります。

 

最初に戻ると、標準偏差とは散らばり具合を表す数値です。
つまり、最小値(5.4-2.06)、最大値(5.4+2.06)です。

 

3.34〜7.46の間に数が集まりやすいと言うことができるのです。

 

2つのサンプルが範囲外になっているので、60%の確率で範囲内に収まると言えます。

 

この例では、サンプルが5個しかなかったですが、例えば20個まで増やしてみます。

 

5、、4、6、7、5、12、5、2、6、8、5、、4、5、7、8、6、3

 

この場合、μ(平均)=5.95、σ(標準偏差)=2.36となります。
つまり、3.59〜8.31の間に数が集まっていると言えます。

 

この範囲外になっているのは赤くした6個なので、70%の確率で範囲内に入っていると言えます。

 

サンプル数が多いほど、範囲内に入る確率の精度が上がってきます。

 

まとめると・・・

 

@標準偏差がばらつきを表していること
A標準偏差は平均と組み合わせると数値の集まりやすい範囲を特定できること

 

この2点を理解しておいて戴ければ、ボリンジャーバンドの説明も理解できると思います。

ボリンジャーバンド

さて、いよいよ本題に突入します。

 

まずは、ボリンジャーバンドを見てみましょう。

 

ボリンジャーバンドのチャート図 

 

中央に来ているのが移動平均線です。それを±1σ、±2σ、±3σの線が覆っている感じですね。

 

また、新しい話が出てきてしまいますが、統計学には正規分布という考え方があります。

 

正規分布とは、データの分布が平均値付近に集まりやすいという現象を表した確率分布です。

 

難しい話は抜きにして、ここで重要なのは、この正規分布によれば、価格変動を確率論に落とし込むことができます。

 

±1σに収まる確率が、68.3%
±2σに収まる確率が、95.4%
±3σに収まる確率が、99.7%

 

つまり、例えば株価が+2σ付近まで来ているケースでは、さらに株価上昇する確率は4.6%しかないと言えます。

 

このような状況を「相場に過熱感がある」などと表現しているのは目にしたことがあるはずです。

 

更なる株価上昇には平均が押しあがってくることが必要なので少し時間がかかるのです。

 

一般的な考え方は以下となります。

 

株価が+2σ付近のときは、売りサイン
株価がー2σ付近のときは、買いサイン

 

特に、相場が膠着状態になっている時は、この指標は非常に有効に機能します。

 

逆に、何か大きなトレンド転換があると、ボリンジャーバンド自体が急激に広がって、さらに上値(下値)を目指していくこともあるので注意が必要です。

 

視覚的に分かりやすいので、初心者でも使いやすいと思います。ぜひトライしてみて下さい。

 

お疲れ様でした!以上でボリンジャーバンドの説明を終わります。

スポンサードリンク


ランキング

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
株式投資を始めよう! ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析