初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

ローソク足(基礎編)

ローソク足とは「株式などの価格推移を示す際に用いられる表現方法の一つ」です。

 

ローソク足の方が線で表記するよりも、情報が集約され利便性が高いため、株価や為替など幅広い場面で用いられています。

 

証券会社が提供している株価チャートは、基本的にローソク足が用いられているため、ローソク足を理解しておかないとそもそも株価を見ることもままならない状況になります。

 

テクニカル分析的にも、ローソク足は市場の心理を表していると言われるため、有効な判断材料となります。
この機会に押さえておきましょう。

 

以下の図は、ローソク足の構成となります。

 

ローソク足の構成を説明しています。	上ヒゲ、胴体、下ヒゲで構成されます。 
一度聞けば覚えるのは難しくないと思います。以降の説明ではこれら用語を使いますので、頭に片隅に置いて下さい。
それでは、もう少し細かく見ていきましょう。

 

陽線と陰線について説明しています。

 

終値が始値より高いもの、つまり株価上昇したものが陽線です。
終値が始値より安いもの、つまり株価下落したものを陰線です。

 

この図では、陽線に赤、陰線に青を用いていますが、色の使い方は統一されていないので注意して下さい。

 

一つのローソク足で「高値」「安値」「始値」「終値」という情報が取れることが分かります。
さらに、上ヒゲの長さ(陽線ならば「高値ー終値」)や胴体の長さなど複合的な情報から読み取れることもあります。

 

つまり、これが冒頭で話した情報が集約されていて利便性が高いという意味です。

 

このローソク足を使って、株価推移を表現すると以下になります。

 

株価の推移をローソク足を使いグラフ化しています。

 

線で表現した時と比べると情報量が多くなるということは、なんとなく理解できると思います。

 

最初は見にくいという印象を受けるかもしれませんが、これから何度も目にしていくうちに慣れていくのでご安心下さい。

ローソク足の種類

ローソク足の種類は「日中足」「日足」「週足」「月足」の4つを押さえておけばOKです。

 

「日足」は最も一般的なローソク足です。一日の高値、安値、始値、終値でローソク足を形成しています。

 

「日中足」は、日中のチャートで用いられます。5分足であることが多いです。日中取引で目にするリアルタイムチャートは日中足を使っています。

 

「週足」は1週間の高値、安値、始値、終値でローソク足を形成しています。1年など少し長いスパンでチャートを見るときに用いられます。

 

「月足」は1カ月の高値、安値、始値、終値でローソク足を形成しています。3年など長期のチャートを見る際に用いられます。

 

ローソク足のテクニカル的な見方についても説明していきますが、「日足」より「月足」の方が長期的なトレンドをみるのに適します。

 

逆を言えば、短期的に見たいならば月足はあまり参考にならず、日足を見る必要があります。

 

長期なのか、短期なのかによって見ている情報の意味が変わるので、ローソク足の期間は意識するようにして下さい。

スポンサードリンク


ランキング

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
株式投資を始めよう! ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析