ページTOPへ

自己資本比率

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

自己資本比率

自己資本比率とは「企業が持つ総資産に対して純資産(自己資本)が占める割合」のことです。

 

自己資本比率は企業の財務安全性をみる指標として用いられます。

 

倒産リスクなどの安全性を見ている指標なので、中長期で株式の購入を考えている方は、特に注意して確認した方がいい指標です。

 

まずは、算式を確認します。

 

 

自己資本比率=自己資本/総資産×100

 

 

自己資本は、純資産と同じような意味だと考えて戴いて構いません。

 

念のため、自己資本についても説明しておきます。

 

自己資本とは、株式などの企業が自己調達している資金のことを指します。基本的に返済期限はありません。利息もありません。

 

確かに、株式には配当金や優待など利息のようなものがありますが、株主還元はしなくても違反ではありません。

 

ただ、株主還元する気のない会社に資金を提供してくれる投資家は少ないので配当とか優待とかが存在します。

 

あくまでも、自己資本について株主に対する還元は義務ではないということです。

 

会社計画などで約束していたとしても、実際に収益が悪化して株主還元できませんでしたという話はよくあります。

 

自己資本に対して、借入金や社債などの他人資本というものがありますが、これには利息を支払う義務があります。

 

経営が苦しくても、どうにかしてお金を返さないといけません。

 

最悪の場合、どこかから借金をして借入金を返済しなければなりません。いわゆる自転車操業というやつですね。

 

なので、一般的に他人資本が多いのは好ましくないと言われます。

 

借金が多いのは好ましくないというのは、一般的な感覚ですね。

 

つまり、他人資本は返さなければならないお金なのでこれが資本の大部分を占めている状況は危険です。

 

そして、自己資本には融通が利くので、自己資本が多いことは好ましいと考えられます。

 

具体的に良い水準は、50%前後が目安になると思います

 

高い方がいいんじゃないの?という質問もあるかと思います。

 

これについては、高配当もしくは手厚い優待がある会社は、借入金の利息よりも株主還元の方が負担が重くなります。

 

自己資本が多いとそれだけ毎年出ていくものが多くなります。

 

自己資本が少ない場合と比べればはるかにマシですが、多ければ良いということは言えないです。

 

ただ、これについては賛否両論なところがあり、企業の株主還元水準にもよるところが大きいので、とりあえず50%前後もしくはそれ以上だったらOKだと考えてもいいです。

 

お疲れ様でした!これで自己資本比率の説明は終わりです。

 

私自身、自己資本比率は一番重要視している指標です。
大事な指標なので、確実に抑えておいて下さい。

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析