ページTOPへ

米大統領選挙

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

米大統領選の歴史

まずは、米大統領選の影響を検証する上で、イベントの時期や特徴を整理します。

 

大統領

時期

備考

ドナルド・トランプ

(共和党)

2016/11/8

新任

バラク・オバマ

(民主党)

2012/11/6

再選

バラク・オバマ

(民主党)

2008/11/4

新任

 ジョージ・W・ブッシュ

(共和党)

2004/11/2

再選

ジョージ・W・ブッシュ

(共和党)

2000/11/7

新任

ビル・クリントン

(民主党)

1996/11/5

再選

ビル・クリントン

(民主党)

1992/11/3

新任


アメリカの大統領選は日本のような不定期ではなく、4年に1度と決められています。

 

昔は波乱も多かったですが、近年は大統領が2期続けて安定した政権運営をしており、2016年就任したトランプ大統領が久々の波乱だったと言えます。

トランプ政権

記憶に新しいトランプ政権誕生時の株価影響から検証します。

 

指標は、日経平均株価とNYダウを使います。2016年1月の株価を1として、変化率をグラフ化しています。
トランプ政権の&/株価への影響

 

大統領決定後、日経平均とNYダウは明らかに上昇しています。

オバマ政権1期&2期

次にオバマ政権成立時の株価影響を見てみましょう。

 

まずは、オバマ大統領1期目です。

 

2006年1月の株価を1として、変化率をグラフ化しています。
第1次オバマ政権の株価への影響

 

リーマンショックで株価暴落真っ只中だったこともあり、データとしてはやや信頼性に欠けます。

 

次は、2期目です。2010年1月の株価を1として変化率をグラフ化しています。
第2次オバマ政権の株価への影響

 

こちらは就任後株価が急騰しています。日経平均は安倍内閣成立と時期がかぶりますが、NYダウの急騰は大統領選の影響を受けていると言えます。

ブッシュ政権1期&2期

次はブッシュ政権です。

 

まずは1期目から見ていきましょう。1998年1月の株価を1として変化率をグラフ化しています。
第1次ブッシュ政権の株価への影響

 

アルゴア前副大統領との対決で近年まれにみる接戦でした。そういったこともあり政局が一本化できなかったのでしょうか。NYダウは横ばいに推移しています。

 

2期目も確認します。2002年1月の株価を1とします。
第2次ブッシュ政権の株価への影響

 

1期目と同様に株価は横ばいとなっています。

 

ブッシュ大統領は投資家的には不人気だったのでしょうか。

クリントン政権1期&2期

最後にクリントン政権をみていきましょう。

 

まずは1期目からで、1990年1月の株価を1として変化率をグラフ化しています。
第1次クリントン政権の株価への影響

 

緩やかですが、大統領就任後上昇傾向となっています。

 

次に2期目です。1994年1月の株価を1としてます。
第2次クリントン政権の株価への影響

 

日経平均は軟調ですが、NYダウは強い上昇トレンドとなっています。

米大統領選による株価への影響

全体を通してみてきた傾向以下2点でした。

・1年〜半年前からのトレンドに合わせて、大統領選後も動いていく
・日経平均は大統領選による影響をあまり受けない

これは、大統領選が株価に与えている影響が大きくないと言えます。

 

大統領選があるから上げるとか下げるではなく、全体のトレンドを見ながら投資判断する必要があります。

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析