ページTOPへ

移動平均乖離率

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

移動平均乖離率

移動平均線乖離率とは「現在の株価が移動平均線からどれだけ乖離しているか示す指標」です。

 

もし、移動平均線の説明をご覧になっていない方は先にご覧下さい。
⇒移動平均線とは

 

そちらで説明している通り、移動平均線は過去の株価の平均値です。そのため、株価が移動平均線から乖離すると、いったん移動平均線に収束していく可能性が高くなります。

 

そうした経験則を利用して、移動平均線から乖離した瞬間を狙ったトレード手法が開発されています。

 

言い換えると、移動平均線乖離率は相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを測る指標として重宝されているということです。。

 

何となく分かると思いますが、計算方法は以下となります。

 

移動平均乖離率=(現在株価-移動平均)÷移動平均

 

計算式は非常にシンプルです。

 

現在の株価が、移動平均から何%乖離しているか見ている式だということが分かるかと思います。

移動平均乖離率の活用方法

移動平均乖離率の活用方法を説明していきます。

 

一般的に、移動平均乖離率は以下のように言われています。

 

移動平均乖離率がプラス方向に5%以上乖離すると調整が始まり、10%を超えると天井を付けやすい

 

逆に、マイナス方向に5%以上乖離すると調整が始まり、10%を超えると底を付けやすい

 

実際のチャートを見ていきましょう。

 

移動平均線乖離率

 

赤丸で囲ったところが天井となったところ、青丸のところが底となったところです。

 

これを見る限り、25日の移動平均線で見るのが有効です。

 

周りのトレーダーの方に聞いてみても、やはり25日移動平均線乖離率を見ている方が多いので、皆さんもまずは25日で見てみることをお勧めします。

 

傾向をまとめると以下となります。

 

25日移動平均乖離率を見るのが良い

 

その上で、5%乖離すると調整する傾向がある

 

強いトレンドでも10%を超えることは滅多にない

 

移動平均乖離率は、計算式が単純なだけあって、シンプルで使いやすい指標です。

 

トレンド系の指標と合わせて、過熱感を見ながらトレードしていけば、乖離率が10%超える場面で買い増しをする等、ミストレードを防いでくれます。

 

ぜひ、有効活用してみて下さい。

 

お疲れ様でした!
以上で、移動平均乖離率の説明を終わります。

スポンサードリンク

株を始める王道3ステップ

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証