ページTOPへ

配当利回りと配当性向の使い方

配当利回りと配当性向の使い方

スポンサードリンク

配当利回りと配当性向とは

配当関連の指標を企業分析に活かす方法を説明していきます。

 

配当利回りとは「配当金を株価で割って算出した数値」のことで、投資金額に対して企業からの還元率をみる指標となります。

 

ちなみに、英語ではDividend yieldと言います。とりあえず、算式を示しておきます。

 

配当利回り=1株あたりの配当金/株価

 

冒頭で述べた通り、これは株主への還元率を示している指標です。

次に、配当性向についてみていきます。

 

配当性向とは「利益の中で配当金が占める割合を表す数値のこと」です。英語ではPayout ratioと言います。算式は以下となります。

 

配当性向=1株あたりの配当金/1株あたりの利益

 

配当金というのは、会社の利益の中から支払われます。

 

そして、残った利益というのは、資本の一部を形成するものになります。理論上は、資本というのは私たちが持っている株式の価値に連動します。

 

つまり、理論上は会社が配当金を支払うことで、企業価値(≒株価)は下がるわけです。

 

実際に、配当金の権利確定日の次の日は権利落ち日といって、配当分だけ株価が下落する現象が起きます。

 

そのため、多すぎず少なすぎない利益に応じた適切な水準が望ましいのです。

スポンサードリンク

配当利回りと配当性向の使い方

配当利回りと配当性向の使い方を説明していきます。

 

先ほども少し触れましたが、配当利回りは多いほど嬉しいものですが、配当性向は多ければ多いほど良いというものではありません。

 

配当性向には適切な目安感があります。この目安は30%前後が望ましいと言われています。

 

ただし、まだ成長途上の企業などは無配でも、配当分を企業の更なる投資に使って企業成長してくれれば良いという判断もあるので、あくまでも目安として考えておいて下さい。

 

企業の具体例を見ていきましょう。

 

トヨタ自動車の場合⇒利回り:3.22% 配当性向:33%

 

ソフトバンク(携帯会社)⇒利回り:5.97% 配当性向:42%

 

JT(日本たばこ産業)⇒利回り:5.71% 配当性向:74%

 

あくまでも、確認した時点での数値であり、日々変動するものなので、だいたいの目安として考えて下さい。

 

大企業3社の指標を確認しましたが、トヨタ自動車は利回りがそこそこ高く、金額も適正水準にある最も一般的な企業です。(上場企業の平均利回りは2%ぐらいなのでやや高めです)

 

ソフトバンクの6%近い配当は国内トップクラスの利回りとなります。配当性向もそこまで高くなく、非常に魅力的な銘柄と言えます。

 

今回一番注目したいのがJT(日本たばこ産業)の指標です。

 

利回りはソフトバンクと大差ない超高利回りですが、配当性向は70%を超えてしまっています。これは利益の70%を配当しているという意味で、かなり無理をしているということを示しています。

 

利回りだけで比べてしまうと、ソフトバンクとJTは魅力的に見えますが、配当性向を見るとその差は歴然としているのです。

無配企業は悪なのか?

最後に、無配に対する評価を説明していきます。

 

一般的に、無配ということは株主還元を実施していない会社なので、良いことではありませんが、成長企業であれば話は違います。

 

どういうことかと言うと、我々投資家に配当金を出すのではなく、企業の投資に回すことで更なる成長につなげるということです。

 

具体的に日本企業で言えば、メルカリやLINEなどの企業が現在も無配ですが、成長企業のためそれを良しとされています。

 

米国企業で言えば、アルファベット(グーグルの親会社)、アマゾン、フェイスブックなどの大企業がいまだに無配のままです。

 

これは、企業が成長すれば株価が上がるので、結果的に配当金以上の利益になるということを期待して、投資家は無配でも文句を言わないのです。

 

なので、グーグルやフェイスブックでは成長が鈍化すると、配当を出せと投資家がクレームを言い始めているなんて話もあります。

 

というわけで、無配企業は必ずしも悪いわけではありません。無配の理由をきちんと見極めていくことが重要です。

 

お疲れ様でした!
以上で、配当利回りと配当性向の説明を終わります。

 

もっとファンダメンタル分析を知りたい方はこちらをご覧下さい。

スポンサードリンク

株を始める王道3ステップ

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本の紹介 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証