ページTOPへ

財務レバレッジ

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

財務レバレッジ

財務レバレッジとは「企業の持つ総資産を純資産額で割って算出した数値」のことで、自己資本に対する事業規模を測る指標です。

 

一般的に、財務レバレッジはその企業における負債の活用度合を測るために用いられます。

 

この数字が高いと借金が多いことを意味するので、財務的にリスクの高い会社と判断されます。

 

まずは算式を確認します。

 

 

財務レバレッジ=総資産/純資産×100

 

 

気付いている方もいるかと思いますが、財務レバレッジの式は自己資本比率の式を逆にしただけです。

 

要は、特徴としてはだいたい同じようなものと言えます。

 

違いは、自己資本比率は資本に着目しましたが、財務レバレッジでは負債に着目していることです。

 

つまり、財務レバレッジはどれぐらい借金をして資産を取得しているのか表しており、安全性を測る指標なのです。

 

さて、ここまで聞いても、いまいち財務レバレッジの存在意義に納得できない方も多いかと思います。

 

実際に、財務レバレッジが単独で論じられることは少ないです。

 

財務レバレッジはROEとROAの話と合わせて理解することが大切なので、ここで説明しておきます。

 

まずは、ROEの式を変形していきます。

 

ROEの算式を思い出して下さい。厳密には、×100する必要がありますが、今回は省略します。

 

ROE=利益/純資産

 

この式を以下のように変形します。

 

ROE=利益/総資産×総資産/純資産

 

先ほど示した財務レバレッジの式を使うと、以下のように言い換えることができます。

 

ROE=ROA×財務レバレッジ

 

ROEの説明で、欠点は自己資本比率が低ければ、利益が少なくてもROEが高くでてしまうこととやりました。

 

ROEは収益性の分析に難があったわけです。

 

しかし、このROEの文化意識を見ると、ROAで収益性、財務レバレッジで安全性を分析できるので、欠点はカバーできることが証明されています。

 

ちなみに、ROAだけでも資本構成が見えないので、安全性は分析できません。

 

つまり、これまではROAやROEだけでは安全性分析ができませんでした。

 

しかし、財務レバレッジを用いることで、その欠点を補えるので、非常に有効な指標として機能します。

 

財務レバレッジは自己資本比率の逆数なので、自分で分析する時に使う機会は少ないかもしれません。

 

ただ、細かく言えば違う指標なので、ネットや本などを読むと登場することがあります。一応、頭の片隅に置いといて下さい。

 

お疲れ様でした!
以上で、財務レバレッジの説明は終わります。

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析