ページTOPへ

グランビルの法則

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

グランビルの法則

グランビルの法則とは「株価と移動平均線の位置関係によって、将来の株価動向の法則性をまとめたもの」です。

 

ウォール街の株式アナリストをしていたジョセフ・グランビルによって考案されましたので、グランビルの法則と呼ばれます。

 

まずは、下の図をご覧下さい。

 

グランビルの法則の概略図

 

@〜Cが買いのタイミングで、D〜Gが売りのタイミングとなります。それぞれについて説明していきます。

 

 

買いのタイミング

 

@移動平均線が下降してきた後、横ばいになってきたところで株価が移動平均線を下から突き抜いた時

 

A移動平均線が上向いている状態で、株価が移動平均線を下回ったが、移動平均線が上向いている状態を維持している時

 

B移動平均線が上向いている状態で、株価が移動平均線を下回る手前で反発している時

 

C移動平均線が下降中であるが、移動平均線に対して株価が大きく乖離して下げている時

 

 

売りのタイミング

 

D移動平均線が上昇中であるが、移動平均線に対して株価が大きく乖離して上げている時

 

E移動平均線が上昇してきた後、横ばいになってきたところで株価が移動平均線を上から突き抜いた時

 

F移動平均線が下げている状態で、株価が移動平均線を上回ったが、移動平均線が下向いている状態を維持している時

 

G移動平均線が下げている状態で、株価が移動平均線を上回る手前で反落している時

 

重要なのは、買いシグナルの@、売りシグナルのEです。
最低でも、この2つのシグナルは頭に入れてチャートを見るようにして下さい。

 

最後に、グランビルの法則で用いられる移動平均線は何日でみればいいのかについて考えます。

 

一般的には、25日線や75日線が用いられることが多いようです。

 

ただ、移動平均線は短ければ短期的な情報しか織り込んでいないので、目先の株価動向しか予想できません。また、だまし的な動きも多いので、これだけ信じるのは危険です。

 

逆に、長期で見るならば、もっと期間の長い平均線を使うことになります。だまし的な動きが出にくいので、指標として使いやすいです。

 

長期で見る場合の欠点は、上述したような買い売りシグナルの出現が短期でみる場合と比べて少し遅れて出てきます。

 

つまり、自分の投資スタイルや市場で意識されている平均線などによって移動平均線を使い分けていく必要があります。

 

特に、短期の移動平均線を用いる場合はだまし的な動きに注意して下さい。

 

余談ですが、もともとグランビルの法則は200日線を使って考案されているものです。

 

ある程度、長期的な視野で見ている時にこの分析手法が一番機能すると言えます。

 

お疲れ様でした!以上でグランビルの法則の説明を終わります。

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析