ページTOPへ

移動平均線

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

移動平均線

移動平均線とは「過去の一定期間の株価の平均値から算出される数値をグラフ化したもの」です。

 

移動平均線は、ローソク足と並んでテクニカル分析の超基本となります。大枠でトレンドを掴むために、重宝するのでしっかり押さえておいて下さい。

 

まずは、どんなものか理解するために下図をご覧下さい。
ローソク足で示した株価と移動平均線をグラフ化しています。

 

25日移動平均線、75日移動平均線、200日移動平均線のチャート図

 

移動平均線は、平均する期間による何種類も存在しています。

 

上図の場合、25日移動平均線75日移動平均線200日移動平均線を示しています。

 

25日移動平均線を例に考えてみると、直近25日間の終値の平均値を数値化します。次の日の終値と25日前の終値を交換する形で再度平均値を算出します。この毎日算出される数値を線で結んだものが移動平均線となります。

 

移動平均線は、日足チャートだと25日線、75日線がよく用いられます。週足チャートでは13週線、26週線がよく用いられ、月足チャートでは12カ月線、24カ月線がよく用いられます。

 

日足ならば75日線、週足なら26週線など長期の移動平均線は、株価のトレンドを表していることが多く、ここが上向いていれば上昇トレンドであり、下向いていれば下降トレンドであると言えます。

 

逆に、短期移動平均線は目先の株価トレンドを知るのに用いることができます。利ざやを大きくするには、短期的なトレンドも掴んでいく必要があります。

 

移動平均線は株価のトレンドを知る上で重要な指標です。

 

重要性は低いですがもう一つだけ補足させて下さい。

 

先ほど示した図を見て戴くと単純移動平均線となっています。
この「単純」って何だ?と思われた方も多いと思いますので、ここについても説明しておきます。

 

この「単純」というのは、単純に平均しましたという意味です。
つまり、単純に平均しないやり方も存在します。

 

新しい日の終値の方を重要視して重み付けを行う加重移動平均線や重みの付け方に指数関数を用いている指数平滑移動平均線などがあります。

 

ただ、単純移動平均線が分かっていれば問題ありませんので、ここはおまけ程度に知っておいて戴ければと思います。

ゴールデンクロスとデットクロス

ゴールデンクロスとは「短期移動平均線が長期移動平均線を下から突き抜いた時の交点」のことです。

 

デットクロスとは「短期移動平均線が長期移動平均線を上から突き抜いた時の交点」のことです。

 

これら2つは、株価トレンドの転換点となる重要なシグナルを示唆していると言われます。

 

短期移動平均線や長期移動平均線には明確な定義はありませんが、一般的には25日線と75日線が用いられることが多いです。

 

ゴールデンクロスを図で表現すると以下になります。
ゴールデンクロスの概略図

 

短期移動平均線が長期移動平均線を上抜いています。

 

注意点は長期移動平均線が上向いていることに着目して下さい。
下を向いている状況で上抜いたとしても、一時的な反発で終わり株価は戻される可能性が高いです。

 

次は、デットクロスを確認しましょう。

 

デットクロスの概略図

 

短期移動平均線が長期移動平均線を下に抜いています。

 

こちらは、長期移動平均線が下向いていることを確認して下さい。

 

デットクロスの場合、このシグナルを確認してからでは間に合わないことも多いので、長期移動平均線が上昇後、横ばいになったら警戒した方がいいです。

 

注意点として、用いる平均線の期間が長いものだと、シグナルの発生が遅れてしまいます。逆に、短期的なものだとだまし的な動きも多くなります。

 

なので、ゴールデンクロスやデットクロスは、これを見てトレードするのではなく、発生した際に相場トレンドを再確認できる指標として重宝します。

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析