初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

発注条件って何?

株を買う際の、発注条件って、初心者の方にとっては分かりにくいと思います。

 

でも、ある程度慣れると、とても便利なので皆さんも早く使いこなせるようになって下さい。

 

では、この発注条件について説明していきましょう。

 

SBI証券の発注画面で見ると緑で囲っている箇所が発注条件を設定するところになります。

 

 

SBIは取引条件が、最も細かく設定できる証券会社なのでここのシステムを理解できれば、他の証券会社でも対応可能です。

 

大きく分けると「指値」「成行」「逆指値」の3つになることが見てわかると思います。

指値について

指値とは「株価の値段を指定する」という売買方法です。
最も一般的な売買方法となります。

 

例えば、トヨタを5800円で買い指値するとしましょう。

 

この場合、今の株価が5839円なので、すぐに約定することはありません。
株価が5800円以下になったら、買うことができます。

 

もし、株価が下がることなくどんどん上がっていけば、この取引が成立することはありません。

 

指値は、この銘柄がもうちょっと下がってきたら買いたい、もしくは上がったら売りたいという時に使えば良い売買方法です。

成行について

成行とは「株価の値段を指定せず、すぐに約定させる」という売買方法です。
こちらも一般的な売買方法です。

 

指値の例を使えば、成行で注文すると、5839円前後の価格で即約定することになります。

 

すぐに約定するので、その後株価の推移は関係ありません。

 

成行は、この銘柄を今すぐ買いたい、もしくは今すぐ売りたいという場合に使われる売買方法です。

 

注意点として、銘柄の流動性が低い場合は成行注文はやめた方が良いです。

 

トヨタのような流動性の高い銘柄だと、株価が5839円なら常に値幅2,3円のところに売注文があるので、高くても5841円ぐらいでは約定できます。

 

しかし、流動性が低いと、実際の売り注文と株価がかい離している可能性があります。

 

つまり、株価が5839円でも売り注文が5850円にしかないと成行買いの場合は5850円で約定となります。

 

なので、成行買いするときは、必ず板を見るようにして下さい。
初心者の方は、板の見方などに慣れるまでは成行注文ではなく、指値で売買することをおすすめします。

逆指値について

逆指値は「何円以上、もしくは何円以下になったら」という条件を加える売買方法です。こちらは最近登場した注文方法なので、まだ扱っていない証券会社もあります。

 

同様の例を用いると、5820円以下になったら成行注文もしくは指値注文するなどより細かい指定が可能となります。どちらかと言えば成行注文と組み合わた方が有効に機能します。

 

こちらは不成や寄成など、「発注条件って何?(上級編)」の方で紹介している売買方法と組み合わせるとより幅広い発注方法が可能となります。

 

逆指値は、あくまでおまけであって「指値」「成行」という2つの売買方法が基本となると考えて下さい。

スポンサードリンク

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析 ケース別株価変動分析