ページTOPへ

ROA(総資産利益率)

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

ROA(総資産利益率)

ROAとは「利益を企業が持つ総資産の額で割って算出した数値」のことで、資産効率をみる指標として用いられます。

 

return on assetsの頭文字を取ってROAと言います。訳すと総資産利益率となります。

 

ROAは、ROEと同様に効率性の分析に用いられる指標です。

 

日本でも用いられる機会が多くなってきましたが、欧米ではさらに盛んに活用されています。

 

まずは、算式を確認しましょう。

 

 

ROA=利益/総資産×100

 

 

ROEと似てますよね?

 

会社の持っている資産額に対して、利益の割合を計算する式になっているのが分かります。

 

ROEは、純資産によってどれだけ利益を稼いでいるかをみました。
ROAは、総資産によってどれだけ利益を稼いでいるかをみてます。

 

英語で考えてみるともう少し分かりやすいかもしれません。

 

Return On で「RO」までは同じ意味です。
そして、「A」はasset、「E」はequityを意味します。

 

つまり、ROAは会社が持っている資産を使って、どれだけ効率的に経営しているかを表している指標なんです。

 

ここで、ROEという指標がありながら、ROAを分析することに疑問を持たれる方もいるかもしれません。

 

そこで、ROAの意義について、例を挙げて考えておきます。

 

もし1億円の資産を持っている会社でROAが10%だった場合を考えてみましょう。

 

この会社は毎年1000万円の利益を上げる計算になります。

 

そして、この1000万円は内部留保として資本の一部を形成します。

 

配当など無視して大雑把に考えると、この1000万円は会社の資産となる金額なのです。

 

単純に考えていくと、次の年には企業の規模が1.1倍になっているという解釈ができます。

 

つまり、ROAの魅力は、「1.1倍企業規模が大きくなっている」といった形で企業の成長力を直感的に表せることです。

 

さて、実はROEと同様にROAには欠点があります。
この指標と用いるならば、その欠点を把握しておく必要があります。

 

ROAの欠点は資本構成が見えないことです。

 

貸借対照表の図表を思い出して下さい。
算式で確認した総資産に対応している要素は、負債+純資産です。

 

つまり、ROAはどれぐらい府債があるのかを考慮しておらず、資本構成が見えない指標と言えます。

 

ROAが高い収益性に優れた会社であっても借金比率の大きい会社は警戒しておかなければいけません。

 

収益というのはその期間の一時的な数字でしかないので、景気が良い時は問題ありませんが、リーマンショックみたいなことがあればたちまち収益性は悪化し、資金がショートします。

 

その先には倒産という最悪の地獄が待っているかもしれません・・・

 

なので、ROAだけで企業を判断するのはリスクのある行為なのです。

 

ROAの感覚を養うために、有名企業の数値を載せておきます。ご参考願います。

 

トヨタ・・5%
ソニー・・-1%(赤字決算の為)
ソフトバンク・・7%
三菱商事・・3%
みずほ・・0.3%
味の素・・4%

 

ROAの場合、資産額が直接影響するので、業種によって差が出やすいです。同業種で比べるとより効果的です。

 

大きく分けると、IT系、メーカー、金融でROAに差があります。

 

お疲れ様でした!
ROAの話は以上となります。

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析