初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

ネット証券と大手証券

まず、株を売買するためには証券口座が必要になります。証券口座は、証券会社のみが提供することを許されています。

 

なので、私たちはどこかの証券会社を選ばなくてはいけません。

 

当然、証券会社はお客さんである私たちに口座を作ってほしいので、株を買うという基本機能に加えて、さまざまなサービス提供してくれます。

 

各社それぞれが独自のサービスを行っているので、自分にあった会社を見つける必要があります。

 

大きく分けると証券会社には、ネット証券と大手証券があります。

 

大手証券では、野村証券や大和証券などが挙げられ、多くの方が名前を聞いたことがあるはずです。

 

ネット証券はSBI証券や楽天証券など、名前を知っていても証券会社を運営していることを知らなかったり、そもそも名前を知らなかったりするかもしれません。

 

特徴としては、大手証券では営業マンからおすすめ銘柄やお得情報を教えてもらえます。

 

その代り、株を買う際に発生する手数料が高く設定されます。それに対して、ネット証券では営業マンのセールスは皆無であり、株を買う際の手数料も安く設定されます。

 

例えば、20万円の株を買った場合

 

野村証券では2500円程度になります。それに対して、SBI証券と楽天証券では、200円程度です。

 

情報量については、やはり直接証券マンと話せる大手証券会社の方が勝っていると思います。ただ、知識がない状況であれば、証券マンに上手く乗せらている可能性もあるので、もろ刃の剣です。

 

その他のサポート体制では、ネット証券は分析ツールが充実しているので、株の知識が増えてくるとネット証券の方が使い勝手が良いはずです。

 

全体的にみると、ネット証券がおすすめです!

 

証券マンからの売り込みがないので、自分で決めないと一生株を買えないかもしれません。ただ、当サイトのように分析手法を紹介しているサイトもあるので、手軽に情報が集まる環境は整っています。

 

大手証券では分析ルーツが充実していないので、むしろネット証券の方が様々なことを調べられるケースも多いです。また、手数料の差も大きいです。

 

ただ、大手証券を選ぶケースがあるとすれば、一つだけあります。
それはIPOの購入を検討している場合です。

 

まあ、証券会社は一つしか開設できないわけではないので、どちらにしても株をやるならネット証券の開設をおすすめします。

 

おすすめする証券会社はライブスター証券です。手数料の安さで業界トップクラスの実力があり初心者におすすめの証券会社です。。

 

 

まずはサイトをご覧いただいて、ご自分の目で確かめてみて下さい。

 

他社と比べれば、ライブスター証券がいかに安いか分かると思います。

 

私も、この安さに驚き、最近SBI証券から乗り換えてしまいました。

スポンサードリンク


ランキング

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
株式投資を始めよう! ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析