ページTOPへ

ゴールデンクロスとデッドクロス|株とFXで使うと遅い、だまし

ゴールデンクロスとデッドクロス|株とFXで使うと遅い、だまし

ゴールデンクロスとデットクロスとは

ゴールデンクロスとは「短期移動平均線が長期移動平均線を下から突き抜いた時の交点」のことです。

 

デットクロスとは「短期移動平均線が長期移動平均線を上から突き抜いた時の交点」のことです。

 

これら2つは、株価トレンドの転換点となる重要なシグナルを示唆していると言われます。

 

短期移動平均線や長期移動平均線には明確な定義はありませんが、一般的には25日線と75日線が用いられることが多いです。

 

移動平均線が良く分からない方は、先に下リンクをご覧下さい。
⇒単純移動平均線の種類、見方、計算式、期間設定

 

ゴールデンクロスを図で表現すると以下になります。
ゴールデンクロスの概略図

 

短期移動平均線が長期移動平均線を上抜いています。

 

注意点は長期移動平均線が上向いていることに着目して下さい。
下を向いている状況で上抜いたとしても、一時的な反発で終わり株価は戻される可能性が高いです。

 

次は、デットクロスを確認しましょう。

 

デットクロスの概略図

 

短期移動平均線が長期移動平均線を下に抜いています。

 

こちらは、長期移動平均線が下向いていることを確認して下さい。

 

デットクロスの場合、このシグナルを確認してからでは間に合わないことも多いので、長期移動平均線が上昇後、横ばいになったら警戒した方がいいです。

 

注意点として、用いる平均線の期間が長いものだと、シグナルの発生が遅れてしまいます。逆に、短期的なものだとだまし的な動きも多くなります。

 

なので、ゴールデンクロスやデットクロスは、これを見てトレードするのではなく、発生した際に相場トレンドを再確認できる指標として重宝します。

 

株、FX、仮想通貨で使うには遅い?だまし多い?

ゴールデンクロスとデッドクロスのデメリットとして、指標として使うには遅いと言われることがあります。

 

株、FX、仮想通貨のトレードで使うとなれば、後出しでシグナルが出てきても何も意味がありません。実際に、どんな感じが下図をご覧下さい。

 

ゴールデンクロス遅い

 

赤丸が5日と25日のクロス、青丸が25日と75日のクロスしている箇所になります。このように見ると、長期で見ている25日と75日のクロスするタイミングでは全く機能していないことが分かります。

 

一方で、5日と25日のクロスするタイミングでトレードしていれば、利益が出ていることが分かります。

 

期間設定が長期だとトレードで使うには少し遅めに出てくるので、使う場合短期的ではなく数か月続くような値上がり相場を取りに行くという意識が必要になります。

 

一方で、短期で見るとトレードで使えるタイミングでシグナルが出てきますが、だましが多くなるというデメリットがあります。損切りをこまめにするなどリスク管理を徹底する必要があります。

 

ゴールデンクロスとデッドクロスのトレード戦略

長期線の場合、大きい値上がり、値下がりを取る
⇒長期目線の株式投資向き

 

短期線の場合、少ない値動きで利確、損切りを徹底する
⇒短期目線のFX、仮想通貨向き

 

お疲れ様でした!
以上で、ゴールデンクロスとデッドクロスの説明を終わります。

 

もっとテクニカル分析を知りたい方はこちらをご覧下さい。

管理人

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証