ページTOPへ

MACDの見方、計算式|最強シグナルのダイバージェンスとは?

MACDの見方、計算式|最強シグナルのダイバージェンスとは?

MACDとは|計算式は?

MACDとは「移動平均線から算出される線の動きで相場トレンドを読む手法」です。

 

Moving Average Convergence Divergenceの頭文字を取ってMACDと呼ばれており、移動平均収束拡散法と訳されます。

 

移動平均線がベースとなる理論のため、合わせて単純移動平均線の説明もご覧下さい。
⇒単純移動平均線の種類、見方、計算式、期間設定

 

MACDのテクニカル分析では、「MACDライン」「MACDトレンド」「OSCI(ヒストグラム)」という3つの指標を用います。

 

それぞれの計算式は以下となります。

MACDライン=26日移動平均線-12日移動平均線
MACDトレンド=9日移動平均線
OSCI(ヒストグラム)=MACDライン-MACDトレンド

MACDの見方、使い方

MACDの使い方は、MACDラインとMACDトレンドの関係で売買するのが最もシンプルです。

 

MACDラインがMACDトレンドを上抜けた場合に買い
MACDラインがMACDトレンドを下抜けた場合に売り

 

実際に下のチャートを使いながら、MACDの見方、使い方に慣れていきましょう。

 

 

赤丸が買い、青丸が売りとなります。

 

OSCIは、計算式から分かる通り差を取っているだけです。ただ、実際にはかなり有効な情報を提供してくれます。

 

このOSCIが0に近づく場合、2つの指標の差が縮まっているということになりトレンドの転換に近づいていると言えます。

 

逆に差が広がっているということは、そろそろトレンドの勢いが弱まってくることを警戒する必要があります。売り抜けのタイミングなどを示唆してくれることになります。

最強シグナルのダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、株価が上がっているのに、MACDは下がっているという、逆行している状況のことを言います。

 

このダイバージェンスは、そのトレンドの天井や底を示唆するシグナルとして知られています。

 

MACDダイバージェンス

 

1月頃は日経24,000円でMACD1000となっているのに対して、日経が高値を付けた10月日経24,400円でMACD400となっています。

 

短期のダイバージェンスだとダマしも多いですが、日足、週足でこのダイバージェンスが起きている場合それなりの確率で暴落します。

 

MACD愛用者の多くはこのダイバージェンスを売買シグナルとして見ているので、皆さんもチェックしてみて下さい。

 

さらにMACDについて知りたい方は、MACDの開発者であるジェラルド・アペル氏が書いた書籍があるので読んでみて下さい。
⇒【書評】アペル流テクニカル売買のコツ

 

お疲れさまでした!!
以上で、MACDの説明を終わります。

 

【MACD関連記事】
MACDはだましが多い|最強の設定、ストキャスティクス組合せ

株を始める王道3ステップ

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証 管理人ブログ