ページTOPへ

ピーターリンチが教えるテンバガー(10倍株)の探し方

ピーターリンチが教えるテンバガー(10倍株)の探し方

投資家になろう!へようこそ!


ピーターリンチってどんな人物?

ピーターリンチは、アメリカの著名投資家です。

 

マゼランファンドでファンドマネージャーとして活躍し、1977年から90年までの在任期間中の年間平均利益は29.2%という驚異的な数字を残しています。

 

ファンドの資産額で言うと、1,800万ドルから140億ドルまで増加させています。

 

文字通り、伝説のファンドマネージャー。

 

また、ピーターリンチは「ピーターリンチの株で勝つ」など多くの書籍を残しており、そこで触れられる投資哲学や名言は現代の投資家にも参考にされています。

 

テンバガーという名言を生み出したのも彼です。

 

また、「あなたが知っているものに投資する」という投資哲学を広めたことでも有名です。

ピーターリンチが教える買うべき銘柄の特徴

テンバガー(10倍株)が期待できる銘柄には、ある程度特徴があると書籍「ピーターリンチの株で勝つ」では書かれています。

 

具体的に、ピーターリンチが買うべき株とする特徴は以下。

 

ピーターリンチが教える買うべき銘柄の特徴

@当たり障りの無い社名、もしくは少し胡散臭い社名
A変わり映えのしない業界や商品
B敬遠されがちな業界
C分離独立した会社
D機関投資家などのプロが注目していない
E低成長産業に属して、ニッチな商品を扱っている
F自社株買いしている

 

意外なのは、最も成長している会社こそが買うべき銘柄では無いということです。

 

誰でも知っている成長企業は、その分株価も割高に推移しています。成長性があるけど、株価が上がっていない銘柄を買うという意識が非常に重要です。

 

アマゾン、アップル、マイクロソフト、誰もが認める成長株ですが、どの銘柄もすでに超割高なので買うべきではないという考え方です。

 

もちろん、上昇し続けるかもしれませんが、それより確率が高い銘柄があるということ。

 

言われてみれば当たり前なのですが、多くの方がアップルやアマゾンを買いたいと思ってしまいます。

 

それ自体は否定しませんが、ピーターリンチはもっと身近なところにチャンスは転がっていると考えているようです。

 

実際に、ピーターリンチはそれで上述したような驚異的な数字を残しているわけなので、試してみる価値はあると思います。

名言「あなたが知っているものに投資する」

ピーターリンチの名言としてよく知られている言葉ですが、この名言に彼の投資哲学が色濃く表れています。

 

テンバガーを探す上で、まずストーリーの組立てを重要視しています。

 

ストーリーというのは、成長戦略とも言えるその会社がどうやって莫大な利益を上げられると期待できるのかということ。

 

企業の成長段階は以下の3段階。

 

企業の成長段階

@本業の発展を成し遂げる始動段階
A新規事業へ進展していく急上昇段階
Bもうこれ以上成長が難しい飽和状態に近づきつつある成熟段階

 

この3段階に当てはめてストーリーを組み立てていきます。

 

第2段階にあたる急上昇段階にある銘柄こそテンバガー候補となります。

 

ここでストーリーを組み立てるのに、自分の身近なところで、最近良く目にするものは何か、よく耳にするサービスはないか、等を考えるのです。

 

ピーターリンチの名言としれ知られる「あなたが知っているものに投資する」とはそういうことです。

 

そして、良い銘柄を見つけ投資したら、気にするのは日々の株価ではなく、最初に組み立てたストーリーが変わっていないかどうかということのみ。

 

これは、誰にでもできる非常にシンプルな投資手法と言えます。

当サイトを探す際は投資家になろうで検索


スムーズな投資家デビューの3ステップ!

 STEP1 投資の知識を学ぼう

 株式投資で最低限必要となる知識を紹介

 

 STEP2 証券口座を開設しよう

 あなた次第で使うべき証券会社は変わる

 

 STEP3 投資本を読もう

 投資の知識を体系的に学ぶのが近道



 
投資本の探し方 メンタル分析 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証