ページTOPへ

株式投資を始める前にやっておくべきこと

株式投資を始める前にやっておくべきこと

株式投資を始める前にやっておくべきこと

株式投資を始めようと思っている方は多いですが、なかなか一歩を踏み出せない方も多いと思います。

 

本日は、そんな方向けに株式投資を始める前にやっておくべきことをまとめて、株取引開始の足掛かりにして戴ければと考えています。

 

株式投資は、良く言えば資産運用、悪く言えばギャンブルという側面を持っています。

 

ギャンブルと聞くとなかなか踏み出せなくなってしまいますが、しっかり理解して始めればご自身の生活を豊かにしてくれる可能性を秘めています。

 

株式投資を始める前にやっておくべきこと

<STEP1> 投資書籍を1冊読んでみる
<STEP2> 最小単位で、トレードしてみる
<STEP3> 自分のトレードスタイルを考える

 

上記3つのステップで始めれば、余計なロスを出さずに投資家としてデビューできると思います。

<STEP1> 投資書籍を1冊読んでみる

まずは、STEP1として1冊で良いので投資関連の書籍を読んでみることをおすすめします。

 

初心者向けの書籍には、株式投資にはどんなリスクがあるのか、損をする投資家はどんな感じなのか、など投資を始める前に知っておいた方が良いことが体系的に書かれています。

 

おすすめの本は?という質問が来そうなので、1冊だけ私のおすすめを紹介しておきます。

 

 

この書籍は、新米投資家が金持ち投資家から様々なことを学んでいくという物語調で書かれているので、非常に読みやすいです。もちろん、初心者に押さえて欲しいことが網羅されています。

 

この書籍である必要はありませんが、まずは体系的に株式投資について理解を深めるために1冊読んでみて下さい。

 

可能であれば、一度読んでも理解しきれないところがあると思うので、3回ぐらい読むと定着しやすいです。

<STEP2> 最小単位で、トレードしてみる

投資本を1冊読んだら、実際にトレードしてみて下さい。

 

始める前にやることじゃないのかというツッコミもあると思いますが、やはりやってみるという経験は何より重要です。

 

ただし、投資金額はできるだけ少なくして下さい。

 

例えば、みずほ銀行は2万円以下で投資ができます。2万円ぐらいならば、たとえ損しても多くて数千円です。

 

探せばたくさん銘柄はあるので、小口でトレードしてみるということが大切です。投資本に書いてあったことを意識しながらやってみると良いと思います。

 

数か月やっていく中で、テクニカル分析やファンダメンタル分析などを覚えていけばよいと思います。

 

ただし、絶対に投資金額を上げないで下さい。この初心者の時に、根拠も曖昧なまま勝ってもあまり意味はありません。

<STEP3> 自分のトレードスタイルを考える

最後のステップとして、自分のトレードスタイルを定めていくということをやります。

 

短期でやるのか、長期でやるのか
テクニカル重視するのか、ファンダ重視するのか
キャピタルゲイン狙いか、インカムゲイン狙いか・・等々

 

考えていかなければならないことは様々あります。ご自身の向き不向きがあるし、生活スタイルに左右される部分もあると思います。

 

実際には、このステップ3は何回も試行錯誤を繰り返していくことになると思います。

 

ただ、ある程度トレードスタイルが決まったら、少し投資金額を上げて、正式に株式投資を始めて良いです。

まとめ

株式投資を始める前の3つステップと言っても、かなり大変だという印象を持たれたかもしれません。

 

ただ、楽にお金儲けできる世界はこの世にないので、そこはしっかり時間かけてやっていく必要があります。

 

遅かれ早かれ、だいたいこんな感じのステップで投資家として成長していく人が多いと思います。そういった意味では、株式投資を始めるための最短距離だと思います。

株を始める王道3ステップ

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証 管理人ブログ