ページTOPへ

ボリンジャーバンドのスクイーズとは|ブレイクアウト手法

ボリンジャーバンドのスクイーズとは|ブレイクアウト手法

ボリンジャーバンドのスクイーズとは

ボリンジャーバンドを使ったトレード手法を説明していきます。

 

ボリンジャーバンドの基本については別のページで説明しているので、合わせてご覧下さい。
ボリンジャーバンドの成功確率は99.7%!計算式、見方、使い方

 

ボリンジャーバンドのチャートを見ると、バンドが広がったり、狭まったりを繰り返しています。

 

この現象には、名前が付いており、バンドが広がる始点をスクイーズ、広がり切ったところををボージと呼びます。

 

文字で書くよりもイメージで掴んだ方が分かりやすいと思うので、下図をご覧下さい。

 

ボリバン スクイーズ

 

赤丸がスクイーズ、青丸がボージです。図を見ると、上述した内容が分かるかと思います。

 

トレンドが出始めるスクイーズを見つけてポジションを持ち、ボージのところで深追いせずに決済すれば、効率良くパフォーマンスを上げることができます。

 

この手法は、株よりもFXやCFDなど24時間取引可能な投資対象がおすすめです。

スクイーズを使ったFXブレイクアウト手法

しかし、実際にはそんなに上手いことトレードできないと思った方が多いと思います。

 

そこで、実践しやすいようにブレイクアウト手法と組み合わせたトレード戦略を考えていきます。

 

まず、スクイーズを探す際にレンジ相場になっているところを探していきます。レンジ相場とは、価格が狭いレンジで上下している状況のことです。ボックス相場とも呼びます。

 

先ほど、見た図をもう一度ご覧下さい。

 

ボリバン スクイーズ

 

黒線を引いたレンジで価格が上下していることが分かると思います。

 

ボリンジャーバンドのバンドが狭まり出す(ボージ)となっているところからレンジ相場が始まり、このような相場ではレンジから抜けた時にトレンドが出やすくなります。

 

結果、トレンドは下に抜けた瞬間に大きな値崩れを起こしています。ボリンジャーバンドもスクイーズしていることが重要です。

スクイーズを使ったFXブレイクアウト手法

レンジ相場になりトレンドラインを抜け、ボリンジャーバンドがスクイーズしたら、ポジションを持つ

買いでも、売りでも、手法は同じとなります。

 

スクイーズ自体は頻繁に起きる現象なので、焦らず確実なものを探してみて下さい。

 

お疲れ様でした!
もっとテクニカル分析を知りたい方はこちらをご覧下さい。

管理人:くにたん

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証