ページTOPへ

自己資本比率とは|高い企業と低い企業の調べ方、ROEとの関係

自己資本比率とは|高い企業と低い企業の調べ方、ROEとの関係

自己資本比率とは|計算式は?

自己資本比率とは「企業が持つ総資産に対して純資産(自己資本)が占める割合」のことです。

 

自己資本比率は企業の財務安全性をみる指標として用いられます。

 

倒産リスクなどの安全性を見ている指標なので、中長期で株式の購入を考えている方は、特に注意して確認した方がいい指標です。

 

まずは、計算式を確認します。

 

自己資本比率=純資産/総資産×100

 

純資産は総資産から総負債を引くことで求めることができます。この純資産のことを自己資本と呼ぶこともあります。

 

計算式を見てみると、総資産に対する純資産(自己資本)の割合を求めていることが分かります。なので、これを自己資本比率という名前で呼んでいます。

自己資本比率の使い方|自己資本、他人資本の違い

自己資本比率の使い方を理解するために、まずは自己資本と他人資本の違いを理解していきましょう。

 

自己資本とは、株式などの企業が自己調達している資金のことを指します。基本的に返済期限はありません。利息もありません。

 

確かに、株式には配当金や優待など利息のようなものがありますが、株主還元はしなくても違反ではありません。ただ、株主還元する気のない会社に資金を提供してくれる投資家は少ないので配当や株主優待が存在します。

 

会社計画などで約束していたとしても、実際に収益が悪化して株主還元できませんでしたという話はよくあります。

 

これに対して他人資本とは、借入金や社債などのことで、これには利息を支払う義務があります。

 

経営が苦しくても、どうにかしてお金を返さないといけません。最悪の場合、どこかから借金をして借入金を返済しなければなりません。いわゆる自転車操業というやつですね。

 

なので、一般的に他人資本が多いのは好ましくないと言われます。借金が多いのは好ましくないというのは、一般的な感覚ですね。

 

つまり、他人資本は返さなければならないお金なのでこれが資本の大部分を占めている状況は危険です。

 

そして、自己資本には融通が利くので、自己資本が多いことは好ましいと考えられます。

 

自己資本が他人資本よりも多くを占めている状態、つまり自己資本比率50%以上というのが財務基盤がしっかりしている会社の目安となります。

自己資本比率の調べ方|低い、高い企業とは?

自己資本比率は、財務諸表の中に書いてある総資産額と自己資本を調べることで算出できます。

 

上記で述べたように、自己資本比率が50%が目安となります。実際には、40%〜60%が適正水準と言われます。。

 

自己資本比率が低い企業は、借金が多い企業ということになります。また、マイナスの場合は債務超過しているということになります。

 

一方で、高い企業は、借金が少ないということになります。いわゆる優良企業と呼ばれる企業です。

 

ちなみに、自己資本比率は高ければ、高いほど良いものでしょうか。

 

賛否両論ありますが高配当もしくは手厚い優待がある会社は、借入金の利息よりも株主還元の方が負担が重くなります。

 

自己資本が多いとそれだけ毎年出ていくものが多くなります。なので、一概に多ければ良いということは言えないです。

 

私自身、自己資本比率は一番重要視している指標です。
大事な指標なので、確実に抑えておいて下さい。

ROEとの関係

ROEとは、企業の資本効率指標として広く用いられている指標です。

 

このROEと自己資本比率は密接な関係があります。これは、計算式を見れば明らかです。

 

ROE=利益/純資産×100

 

ROEの計算式には、純資産(自己資本)が含まれています。つまり、ROEは自己資本が少なければ、高い数字が出ます。

 

通常ROEは高いと良いと考えられる指標ですが、自己資本が少ない(自己資本比率が低い)というのは財務上良いと言えない状況です。

 

つまり、自己資本比率が悪くなると、ROEは良くなるということです。この二つの指標は逆に動くので、どちらか一つではなく自己資本比率が高く、ROEも高い企業というのを探さないといけないことは覚えておいて下さい。

 

お疲れ様でした!
これで自己資本比率の説明は終わりです。

 

もっとファンダメンタル分析を知りたい方はこちらをご覧下さい。

管理人:くにたん

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証