ページTOPへ

ネット証券と大手証券の選び方|証券会社ランキング

ネット証券と大手証券の選び方|証券会社ランキング

ネット証券と大手証券の選び方

私たちは株式投資を始めようと思ったら、どこかの証券会社で口座解説しないといけません。

 

当然、証券会社はお客さんである私たちに口座を作ってほしいので、株を買うという基本機能に加えて、さまざまなサービス提供してくれます。

 

なので、各社それぞれが独自のサービスを行っているので、自分にあった会社を見つける必要があります。

 

今回は証券会社の選び方を紹介していきたいと思います。大きく分けると証券会社には、ネット証券と大手証券があります。

 

大手証券では、野村証券や大和証券などが挙げられ、多くの方が名前を聞いたことがあるはずです。

 

ネット証券はSBI証券や楽天証券など、名前を知っていても証券会社を運営していることを知らなかったり、そもそも名前を知らなかったりするかもしれません。

 

特徴としては、大手証券では営業マンからおすすめ銘柄やお得情報を教えてもらえます。その代り、株を買う際に発生する手数料が高く設定されます。それに対して、ネット証券では営業マンのセールスは皆無であり、株を買う際の手数料も安く設定されます。

 

例えば、20万円の株を買った場合

 

野村証券では2500円程度になります。それに対して、SBI証券と楽天証券では、200円程度です。

 

情報量については、やはり直接証券マンと話せる大手証券会社の方が勝っていると思います。ただ、知識がない状況であれば、証券マンに上手く乗せらている可能性もあるので、もろ刃の剣です。

 

その他のサポート体制では、ネット証券は分析ツールが充実しているので、株の知識が増えてくるとネット証券の方が使い勝手が良いはずです。

 

本気で勉強するつもりなら、ネット証券がおすすめです!

 

証券マンからの売り込みがないので、自分で決めないと一生株を買えないかもしれません。ただ、当サイトのように分析手法を紹介しているサイトもあるので、手軽に情報が集まる環境は整っています。

 

大手証券では分析ルーツが充実していないので、むしろネット証券の方が様々なことを調べられるケースも多いです。また、なんだかんたと言っても手数料の差が大きいです。

 

ただし、大手証券を絶対に選ぶべきケースが一つだけあります。それはIPOの購入を検討している場合です。それ以外なら、ネット証券がおすすめです。

 

まあ、証券会社の口座は銀行口座と同じで何社でも開設できるし、口座開設は無料なので、とりあえず株をやるならネット証券に口座開設してみてはいかがでしょうか。

証券会社ランキング

たまにご質問戴くことがあるので、おすすめのインターネット証券会社をランキングにしました。各証券会社をひいきすることなく、客観的に点数で評価しておりますので、参考にしてみて下さい。

 

証券会社

手数料

(現物)

手数料

(信用)

取 引

ツ-ル

海 外

株 式

投 資

信 託

IPO

当 選

確 率

SBI証券

24

3

3

4

5

5

4

楽天証券

21

3

3

5

3

5

2

ライブスター証券

19

5 5 5 0 1 3

マネックス証券 18

2

1

5

2

5

2

GMOクリック証券 17

4

5

4

0

1

3

6

SMBC日興証券 16

2

4

1

1

3

5

7

岩井コスモ証券 15

3

3

4

1

2

2

8

むさし証券 15

5

4

3

0

1

2

9

カブドットコム証券 13

2

1

3

0

3

4

10

松井証券 12

1

1

4

0

2

4

 

 

SBI証券(総合点24点)

どの項目も総じて高い評価となっています。間違いなく、初心者に一押しの証券会社です。特に、投資信託や海外株式に取り組みたい方は口座開設必須と言えそうです。一方で、手数料の安さだけを重視するなら、他に良い会社があるかも・・。まあ、証券口座は複数持つことができるので、SBI証券に口座を持っておいて損になることはないでしょう。

楽天証券(総合点21点)

SBIとそん色ない証券会社です。海外株式で差を付けられましたが、実は中国株式の取引ならばSBIより有利なります。また、取引ツールでは某有名トレーダー達も愛用する「マーケットスピード」というシステムを無料で提供している点も評価できます。また、楽天会員だと楽天ポイント獲得のチャンスが数多くあるのでおすすめできます。

ライブスター証券(総合点19点)

海外株式や投資信託が足を引っ張っていますが、株式投資するだけならば、トップクラスのスペックを誇る証券会社です。手数料が業界水準より少し安く設定されています。ただし、取引ツールも高スペックであり、使いやすいです。同社は手数料の安さにこだわりを持っているので、今後も安い水準を維持し、更なる値下がりが期待できます。

マネックス証券(総合点18点)

老舗証券会社のマネックス証券です。取引ツールでは楽天と並び使いやすいと評判です。また、IPOは取扱い数が多く、それを平等に抽選で割り振るので、IPO株狙いの方は口座開設必須の証券会社です。足を引っ張ったのが手数料の高さです。ネット証券業界は、手数料戦国時代に突入しており、マネックスの手数料は他社と比べてやや高いと言えます。

GMOクリック証券(総合点17点)

総合点自体は17点ですが、実際は海外株式の取扱いがないため0点や投資信託の取扱いが少ないため1点が足を引っ張っているだけで、株式投資に限ってみればそれなりのスペックを持っています。中でも、手数料の安さはライブスターに次ぐ安さであり、さらに同社の株主優待を利用すれば、安い手数料をさらに安くできるという必殺技もあります。

 

株を始める王道3ステップ

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証 管理人ブログ