ページTOPへ

初心者が最初に作るべき!おすすめ証券会社ランキング

初心者が最初に作るべき!おすすめ証券会社ランキング

ネット証券と大手証券の選び方

私たちは株式投資を始めようと思ったら、どこかの証券会社で口座解説しないといけません。

 

当然、証券会社はお客さんである私たちに口座を作ってほしいので、株を買うという基本機能に加えて、さまざまなサービス提供してくれます。

 

今回はそんな証券会社の選び方を紹介していきたいと思います。証券会社を大きく分けると、ネット証券と大手証券があります。

 

大手証券は、野村証券や大和証券などが挙げられ、多くの方が名前を聞いたことがあると思います。

 

ネット証券はSBI証券や楽天証券など、実店舗を持たないネット上の証券会社のことです。

 

特徴としては、大手証券では営業マンからおすすめ銘柄やお得情報を教えてもらえます。その代り、株を買う際に発生する手数料が高く設定されます。それに対して、ネット証券では営業マンのセールスは皆無であり、株を買う際の手数料も安く設定されます。

 

近年、大手証券会社でもネット口座を作ることができるようになり、それぞれの差は無くなってきています。

 

それでも、本気で勉強するつもりなら、ネット証券がおすすめです!

 

確かに、昔だったら大手証券会社の営業マンに相談して色々教えてもらうメリットはありました。

 

しかし、今はネットで誰でも様々な投資情報にアクセスできる時代です。そうなれば大手のメリットはなく、手数料が安いネット証券一択なわけです。

 

むしろ、大手証券では分析ルーツが充実していないので、ネット証券の方が様々なことを調べられるケースも多いです。

 

補足ですが、大手証券を選ぶべきケースが一つだけあります。それはIPOの購入を検討している場合です。それ以外なら、ネット証券がおすすめです。

初心者が最初に作るべき!証券会社ランキング

じゃあ、具体的にどこで口座開設したら良いのかという話ですが、ランキング形式で紹介していきます。

 

大前提として、証券会社には各社特色があります。なので、初めて証券会社作るならという目線でのランキングとなることをご承知おきください。

 

評価項目
手数料 手数料の安さを比較します。10万円以下は無料など、各社特色があるので、全体的な安さで評価します。
サポート体制 投資やPCサイトに不慣れな方はサポートに問合せることがあると思います。そんなサポートの口コミや自分の体験をレビューします。
投資情報 どんな情報を提供してくれるのかも証券会社の特色の一つなので、詳しく評価していきます。
分析ツール 当サイトで紹介している分析方法はどこの証券会社でも見れるわけではありません。分析ツールの多さや自由度の高さで評価していきます。
取扱い商品 多ければ良いものではないので、国内株式と相性の良い債券や外国株式関連の商品充実度を評価しています。
アプリ、PCサイト

の使いやすさ

出入金がかったるい、調べ物に時間がかかる等、証券会社によって結構違うので、メインで使うなら大切なポイントです。

 

 

スポンサードリンク

用語集


 
投資本の探し方 メンタル分析 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証