ページTOPへ

投資苑の要約

投資苑の要約

投資家になろう!へようこそ!


投資苑の概要

投資苑の要約です。

 

メンタルコントロール、資金管理、投資テクニック、初心者が学ぶべきことを全て網羅している名著です。

 

本書の構成は大きくわけて3部構成になっています。

 

投資苑
〜心理・戦略・資金管理

アレキサンダー・エルダー

 

 

 

 

 

 

 

第1部 トレーディングの心理学

個人と群衆の心理について解説しています。

 

第2部 テクニカル分析

テクニカル分析手法について解説しています。

 

第3部 トレーディングシステム

テクニカル分析を組み合わせたトレーディングシステムについて、いくつか紹介しています。

 

第4部 マネーマネジメント

資金管理について解説しています。

第1部 トレーディングの心理学

精神科医出身の著者が投資家心理について説明しているので、単純に面白く読める内容になっています。

 

まず、自分の感情をコントロールする手法について紹介しています。

 

著者は、投資において感情的なトレードはNGということを強調しており、機械的にトレードするためのエッセンスを説明しています。

 

次に、群集心理について解説しています。

 

群集心理は非常にシンプルなので、傾向さえ掴めれば実践での投資判断にも役立てられるようになります。

第2部 テクニカル分析

こちらは、ローソク足、トレンドラインの話から移動平均線やMACDといった有名なテクニカル指標まで網羅的に説明しています。

 

本書内では、エルダー線などのオリジナル指標も紹介されています。

 

このトピックについては、他の投資本でも読める内容なので、特別ここで学ぶ必要はないと思います。

 

もしテクニカル分析についてあまりご存知ない方であれば、網羅的に説明してあるので一読する価値ありです。

第3部 トレーディングシステム

第2部で紹介したテクニカル分析を組み合わせて、具体的なトレーディングシステムをいくつか紹介しています。

 

第1部で重要視した機械的なトレードを実現するためのシステムという言い方もできます。

 

初心者の方にとっては、具体的なトレード手法の話が続くので、非常に勉強になるのではと思います。

 

ベテランの方でも、本書オリジナルの3段階スクリーン・トレーディング・システムなど、独自手法が説明されているので、新たな発見があるかもしれません。

第4部 マネーマネジメント

最後は、マネーマネジメントについて説明しています。

 

どんなに優秀なシステムであっても、資金管理を間違えてしまうと破産してしまうということで、どうやって資金管理をしていくのかという内容です。

 

具体的には、1回のトレードで許容できる損失額をきちんと管理しましょうという内容です。

 

資金管理の重要性を強調しているわりに、本書全体でこのトピックに割かれているページ数は少なく、もう少し詳しく説明が欲しかったなというのが率直な感想です。

投資苑のまとめ

網羅的に説明しているので初心者が最初に読む本としておすすめできます。

 

ただし、網羅的なので一つ一つのトピックが手薄になっているデメリットがあることは知っておいて下さい。

 

特に、資金管理については本書では損失管理のみの説明でしたが、実際にはロットの管理、売買タイミングなど奥深い話がまだあります。

 

なので、別で資金管理について書かれた投資本を読んでおくことをおすすめします。

 

ちなみに、そんなニーズに応えてなのか、投資苑2という本書の続編にあたるものも出版されています。

 

こちらは、テクニカル分析などの具体的な投資テクニックの話を削減して、メンタルや資金管理の話を中心にしています。

 

初心者の方とは言え、テクニック的な話を何も知らないのはどうかと思うので、まずは本書「投資苑」を読んでみると良いかと思います。

 

もし、テクニック的な話は別の投資本で補完できるのであれば、投資苑2から読むのが効率的です。

 

投資苑
〜心理・戦略・資金管理

アレキサンダー・エルダー

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れ様でした!
その他多数の投資本をレビューしています。
⇒【書評】おすすめ投資本一覧

当サイトを探す際は投資家になろうで検索


スムーズな投資家デビューの3ステップ!

 STEP1 投資の知識を学ぼう

 株式投資で最低限必要となる知識を紹介

 

 STEP2 証券口座を開設しよう

 あなた次第で使うべき証券会社は変わる

 

 STEP3 投資本を読もう

 投資の知識を体系的に学ぶのが近道



 
投資本の探し方 メンタル分析 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証