ページTOPへ

私は株で200万ドル儲けたの書評

私は株で200万ドル儲けたの書評

私は株で200万ドル儲けたの概要

私は株で200万ドル儲けたの書評です。

 

ブレイクアウト手法の元祖であるボックス理論の提唱者ニコラス・ダーバス氏が書いた有名な書籍です。

 

ボックス理論の教科書としてはもちろんですが、初心者が何度も失敗をして、相場から様々なことを学んでいくノンフィクションの物語としても読むことができます。

 

ニコラス・ダーバス氏はショービジネスの世界では名が通ったダンサーでしたが、相場とは無縁の人間でした。

 

そんな彼が、200万ドルもの資産を築いたサクセスストーリーは物語として読むのも面白いかと思います。

私は株で200万ドル儲けた
ブレイクアウト売買法の元祖
ボックス理論の生い立ち

ニコラス・ダーバス

 

 

第1部 初心者時代の試行錯誤

ダーバス氏の初心者時代の試行錯誤について書いています。

 

第2部 ボックス理論の開発

ボックス理論の根幹部分の開発過程を解説しています。

 

第3部 ストップロスの導入

無駄な情報を入れないこと、ルールに基づいて機械的にトレードしていく重要性を説いています。

 

第4部 玄人になってからの試行錯誤

ボックス理論で上手くいった矢先に、再びスランプに陥るダーバス氏の試行錯誤からの復活を書いています。

第1部 初心者時代の試行錯誤

ダンサーだったダーバス氏が、何も知らずに株式投資で損を出し続けている様子を描いています。

 

ブローカーの推奨銘柄を買ってみたり、ファンダメンタルの分析をやってみたり等、様々なことに取り組んでは失敗するという過程を書いています。

 

初心者が誰もが似たような経験をすることになるので、先人たちの試行錯誤の過程を見ることができるのは非常に勉強になると思います。

 

こうした試行錯誤の結果、ボックス理論という200万ドルもの途方もない富をもたらす手法にたどり着いたわけです。

 

この第1部では、特にテクニック的な学びはないですが、ダーバス氏の挑戦していく姿勢やあきらめないメンタルなどから学べることはあると思います。

第2部 ボックス理論の開発

ボックス理論の根幹となる部分が解説されています。

 

手法自体はボックスからブレイクしたら買いというシンプルな手法ですが、実際にどんな銘柄をどのタイミングで取引していたのかという実録も書いてあるので、本書を読むことでより理解が深まります。

 

ちなみに、チャートなどの詳細資料は最後の付録についています。

 

著者であるダーバス氏もボックス理論は絶対ではないと述べています。リスクを回避するために、次のストップロスの話に繋がるのですが、実際に失敗例も載せてくれているので、気にしてみると良いと思います。

第3部 ストップロスの導入

ストップロスオーダー自体は、ボックス理論が上手く機能せずに、下にブレイクアウトしてしまった場合のロスカットという位置づけで紹介されています。

 

これはこれで重要な話なのですが、ここではダーバス氏が世界を飛び回りながら電報でブローカーとやり取りして株取引をしている様子が描かれています。

 

興味深いのは、無駄な情報を遮断できる環境がダーバス氏の相場観を養うことに繋がったという点です。

 

自分の決めたルールをしっかり守ることがトレードでは大切なんて話をよく聞きますが、まさにダーバス氏もその典型例です。

第4部 玄人になってからの試行錯誤

ボックス理論で50万ドル以上の資産を築いて、名実ともに玄人となっていたダーバス氏ですが、相場のより近くマンハッタンのディーリングルームに出入りするになるとスランプに陥ります。

 

ここで、様々な情報が入ってきたことで、本来の自分のトレードができなくなっていることに気付きます。

 

我々も様々な情報に気をとられてしまい自分で決めたルールを守れなくなるなんて経験あると思います。

 

まさに、ダーバス氏もそれで、いくら素晴らしい理論があっても、それを扱う人間が未熟では成功できないということを教えてくれます。

私は株で200万ドル儲けたの総評

繰り返しにはなりますが、ダーバス氏の成長の過程が描かれているので、初心者にこそ読んで欲しい一冊になっています。

 

物語調でテンポ良く進んでいくので、投資本にありがちな難しいという印象は初心者が読んでも感じないと思います。

 

長い間、世界中の投資家から絶賛されているだけのことはあります。

 

また、肝心のボックス理論についても、非常にシンプルにまとめられており、実際のトレード記録も付録されています。

 

ちなみに、個人的にはボックス理論を開発した過程を知ることができるというのが、本書の最大の魅力ではないかと思います。

私は株で200万ドル儲けた
ブレイクアウト売買法の元祖
ボックス理論の生い立ち

ニコラス・ダーバス

 

 

管理人:くにたん

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証