ページTOPへ

株で勝つ人の特徴とは?投資の不確実性と一貫性を踏まえた確率的思考法

株で勝つ人の特徴とは?投資の不確実性と一貫性を踏まえた確率的思考法

当サイト探す際は投資家になろうで検索
スムーズな投資家デビューの3ステップ!

 STEP1 投資の知識を学ぼう

 株式投資で最低限必要となる知識を紹介

 

 STEP2 証券口座を開設しよう

 低リスクなトレードができる証券会社とは?

 

 STEP3 投資本を読もう

 投資の知識を体系的に学ぶのが近道

株で勝つ人の特徴とは

株で勝つ人の特徴とは何でしょうか。

 

もったいぶってもしょうがないので、結論から言うと、それは「確率的思考法」ができる人です。

 

確率的思考法とは、統計学的にトレードをマクロの事象として冷静に捉えられることです。簡単に言うと、期待値の考え方です。

 

例えば、勝ったら100円がもらえて、負けたら100円支払うゲームがあるとします。このゲームの勝てる確率を50%、負ける確率を50%とすると、期待値は0円となります。

 

3回しかゲームをやらないと、300円もらった人と300円支払った人という極端な結果の人も一定数出てきますが、1万回やれば多くの人が期待値である0円付近に収束していきます。

 

これは統計学の基本である大数の法則と呼ばれるものです。

 

確率的思考法とは、この大数の法則に従い冷静にトレードしていくという考え方です。

 

株などの投資の話に置き換えると、テクニカル分析などを駆使して少しでも確率的に有利なトレードを多数回行うことで、利ザヤと重ねていくということです。

 

言われてみれば、当たり前だと思った方が多いのではないでしょうか。しかし、実行できる投資家は非常に少数です。

 

株で勝つ人は、これを忠実に実行しています。

 

なので、実践で使えるようにもう少し詳しく説明していきます。

投資の不確実性と一貫性

テクニカル分析に詳しくなってくると、多くの投資家は株価を予測しようとしてしまいます。

 

確かに、テクニカル分析は多くの投資家の集団心理を反映した結果なので、全く予測できないというわけではないのですが、あくまでも過去の行動結果からの予測にすぎないです。

 

例えば、トレンドラインを引いて500円が支持線になっているからここで反発するなんて考えてしまいがちですが、あくまでも反発する可能性が高いのであって、結果は不確実で予測できないものです。

 

何を当たり前のことをと思われるかもしれませんが、実際にトレードしているとテクニカル分析の結果を過信してしまい、なんで反発しないだとマーケットに怒りの感情を覚えてしまうわけです。

 

テクニカル分析の結果の通りに動かないからと怒るのは、相場の不確実性を本当に理解できているとは言えません。

 

あくまでも、1回のトレードは非常に不確実なものであることを理解する必要があります。

 

どんなに確率が高そうに見えるものであっても、特定の大口投資家が逆の行動をすれば結果は変わってしまいます。だから、1回のロットを大きくしない等の資金管理が重要になってきます。

 

一方で、テクニカル分析は人間の行動心理を反映しており、人間はいつの時代も本質的な考え方がたいして変化していないわけです。

 

なので、上述した大数の法則により繰り返しテクニカル分析等の投資ノウハウを駆使すれば、投資で勝てる確率は上げられます。

 

つまり、確率とは1つ1つは不確実でリスクの高いものだが、多数回続けることで一貫性のある結果になるということを理解するのが大切というわけです。

確率的思考法

ここまで説明してきて、確率的思考法については分かってきたかと思います。

 

上述しましたが、頭で理解するのはたいして難しいことではなのですが、これを実行できるトレーダーは多くありません。

 

ごく一部の成功している投資家しか実行できていないのが現実です。

 

投資が予測できないというのは上述した通りですが、それでもテクニカル分析によって確率的に有利な選択を繰り返していくわけです。

 

そうした中で、多くの投資家は1回のトレードでは値動きはランダムであることを忘れてしまいがちです。

 

そうすると、自分が予想していなかった値動きに対して、怒りや恐怖、欲望と言った様々な感情が芽生えてしまいます。

 

このような投資の仕方では、投資のリスクをきちんと理解しているとは言えず、確率的思考法ができていないわけです。

 

当然のことだとは思いますが、多くの投資家は毎回勝ちたいと思ってトレードしています。

 

だから、自分が勝てると考えた時にだけトレードします。

 

でも、実は成功している投資家は、毎回勝てるわけないこと、値動きは予測不能なことを理解してトレードしています。

 

言い換えると、自分がそのトレードで損をすることも想定しているわけです。

 

確率的思考法ができている投資家とは、このような投資のリスクを理解している人、あくまで確率として冷静に勝ち負けに対処できる人ということです。

 

お疲れ様でした!
その他にもメンタル分析に関連した記事を書いているので、もし良かったらこちらもご覧下さい。


 
投資本の探し方 メンタル分析 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証