ページTOPへ

三尊天井、逆三尊底を否定(だまし)の確率が高いチャート形状

三尊天井、逆三尊底を否定(だまし)の確率が高いチャート形状

三尊天井と逆三尊底の否定(だまし)とは

三尊天井と逆三尊底とは、トレンドの転換点を見つけるためのチャート分析手法です。チャート分析の詳細説明は以下をご覧下さい。
⇒三尊天井、逆三尊底の読み方とトレード戦略

 

まずは、三尊の形をご覧下さい。下図が三尊天井です。
三尊天井
三つの山を作るのが特徴です。次は逆三尊底です。
逆三尊底
このように、三つの山を作ると、これまでのトレンドが反転するというものが、三尊天井と逆三尊底となります。

 

つまり、三尊天井と逆三尊底の否定(だまし)とは、転換しようとトレンドが反転したものの力及ばず元のトレンドが継続される状態のことを言います。

否定(だまし)の確率が高いチャート形状

三尊天井では、両サイドの山の底が右肩下がりになっているのが正しい形と言われています。

 

逆三尊底では、両サイドの山の天井が右肩上がりになっているのが正しい形となります。

 

つまり、その逆の形になっている場合は、否定(だまし)になる確率が高いです。言葉で言っても分かりにくいので、下図をご覧下さい。まずは三尊天井です。
三尊天井の否定

 

上述したように、両サイドの山が右肩上がりになっていることが分かると思います。

 

これだと、三尊天井としては不完全な形となるため、トレンド転換を試みても点線ラインで跳ね返されてこれまでのトレンドが継続する可能性が高いです。

 

次は逆三尊底を見ていきます。
逆三尊底の否定

 

今度は両サイド山が右肩下がりになっていることが分かると思います。このような形になるとこれまでのトレンドが継続する可能性が高いということです。

 

注意点としては、青or赤点線でラインを引いたところが右肩上がりか、右肩下がりかを確認して下さい。

 

反対側の頂点がどうなっているかは関係ありません。質問を受けることがたまにありますが、見るところを間違えているケースが意外と多いので気を付けてみて下さい。

 

三尊のだまし(否定)を回避するトレード戦略

上昇トレンドで三尊天井をつけた際、両サイドの山が右肩下がりなら売り、右肩上がりなら買い

 

下降トレンドで逆三尊をつけけた際、両サイドの山が右肩上がりなら買い、右肩下がりならr売り

 

いくらだましのチャート形状とは言え、三尊と逆に張るのかと思った方は様子見でも良いのですが、このだまし形状は予想以上に確率が高いので、逆に利用してやるのも面白いかと思います。

 

ただし、三尊が出ている時点で確実にトレンドの勢いは弱くなってきているので、短期トレードメインで考えてみて下さい。

 

もっとテクニカル分析を知りたい方はこちらをご覧下さい。

管理人

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証