ページTOPへ

信用残高とは|信用買い残が多いとどうなる?見方、目安

信用残高とは|信用買い残が多いとどうなる?見方、目安

信用残高とは|信用買い残、売り残、貸借倍率

信用残高とは「信用取引でまだ決済されていない残高のこと」です。

 

信用取引は、資金や証券を証券会社が借りるような形をとって取引を行い、差金決済する取引方法です。

 

買建てであれば、まだ売られていないものがここで言う未決済残高となります。

 

証券会社の株価の概要を表示しているところでは信用残高と言えば以下のように表示されます。

 

 

上の図は一例ですが、大切な指標は「信用売残」「信用買残」「貸借倍率」の3つです。これは、信用売り残、信用買い残と書かれることもあります。

 

信用売り残とは「信用取引で売り建てた玉のうち、まだ決済されていない残高のこと」です。

 

信用買り残とは「信用取引で買い建てた玉のうち、まだ決済されていない残高のこと」です。

 

貸借倍率とは「信用買残を売残で割った数字」です。

 

後述しますが、これらの指標は株価を読む上で重要な指標となるので、ぜひ押さえておいて下さい。

信用残高の見方と目安

信用残高は、株価を読むうえで重要な指標となります。なぜならば、買い残、売り残は信用取引が未決済ということを意味するので。近い将来そのポジションを決済しなければいけません。

 

信用取引には金利が発生するので、現物のように長く持っていることはできません。取引所が行う信用取引は制度信用取引と呼ばれ6か月という期間が設定されています。

 

なので、信用残高の多くは6か月以内に決済されるというわけです

 

 

この例で言えば、信用買残が大量に積みあがっているので、その未決済分が売り玉として来ることを意味しています。

 

また、信用残高の多い少ない目安は、貸借倍率を考えると分かりやすいです。貸借倍率1倍が目安となります。

 

@貸借倍率が1倍を超えるケース(信用買い残が売り残を上回っている)

 

買残が大きいということは、将来的に大きな売り要因を持っているということです。

 

特に、値上がりしている局面では利益確定売りが出てくるため、思ったよりも値が伸びないことも考えられます。

 

@貸借倍率が1倍を下回るケース(信用売り残が買い残を上回っている)

 

売残が大きいということは、将来的に大きな買い要因を持っているということです。

 

空売りの場合は、買い玉よりも投機的であり、値下がり局面では数値が小さくなることもあります。

 

ただし、いったん値上がりすると買い戻しが進み、大きなリバウンドになることも考えられます。

 

このように、信用残高の目安は貸借倍率が1倍以上か以下で考えていくと分かりやすいです。

 

また、貸借倍率の変化も要確認です。

 

例えば、値上がり局面で貸借倍率が下がってくれば、利益確定売りが進んでいることがわかり、そこからの下落の心配が少なくなります。

 

基本的には、貸借倍率が1倍に近いほど、銘柄は安定しています。

 

貸借倍率が1倍以上であれば、将来的な売り圧力を示します。

 

貸借倍率が1倍以下であれば、将来的な買い圧力を示してます。

 

1倍に対するかい離が大きければ大きいほど、将来的にくる圧力も大きくなることを注意しておく必要があります。

信用買い残、売り残が多いとどうなるのか

ここまでの説明で「信用買い残、売り残が多いとどうなるのか」という問いにはご自分で答えが出せるかと思います。

 

買い残が多ければ、将来の売り圧力になるので、短期的な値下がりが予想されます。

 

売り残が多ければ、将来の買い圧力になるので、短期的な値上がりが予想されます。

 

しかし、この信用買い残、売り残が多いと判断する目安は貸借倍率だけでは不十分です。必ず、出来高と比べるようにして下さい。

 

出来高と比較して信用買い残が1日分ぐらいで収まるようであれば、値下がりの脅威とはなりません。

 

しかし、5日分ぐらいに相当する残高が積みあがっているのであれば、大きな下げ圧力となり警戒が必要となります。

 

値下がりが続いているのに、信用買い残が減らない銘柄などに出会ったら、残高が改善されない限り大きな値上がりは期待できないので、手を出さない方が賢明な判断です。

 

お疲れさまでした!!
以上で、信用残高の説明を終わります。

 

もっとファンダメンタル分析を知りたい方はこちらをご覧下さい。

スポンサードリンク

用語集


 
投資本の探し方 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証