ページTOPへ

パレートの法則って知ってますか?

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

パレートの法則

パレートの法則とは、「全体のうち大部分を構成するものはその一部であるという法則」です。

 

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートにより発見された統計モデルで、80:20の法則とも呼ばれ日常生活の様々な場所で見られる現象です。

 

例えば、総売上の80%は上位20%の商品で稼がれる、インターネットサイトの総アクセス80%は上位20%のページで集客しているとかです。

 

例を挙げると、なんとなく「あ〜」と頷いた方も多いと思います。

 

今日は、そんなパレートの法則を投資の世界に当てはめて遊んでみようと思います。

投資の世界でいうパレートの法則とは・・・

先ほどの例に似せた形で作ろうとすると

 

「株式市場で得られる80%の利益は上位20%の投資家により稼がれている」

 

ある意味、個人投資家がプロの投資家に食い物にされているような印象を受ける文章に仕上がりました。

 

もう一つ作ってみました。

 

「総利益のうち80%は上位20%の金融商品で稼がれている」

 

稼いでいることが前提の話ですが、全てが儲かるというわけではなく自分にあった儲けやすい金融商品というのがあると思います。また、投資を分散させることの重要性が垣間見えます。

 

パレートの法則というのは、統計学的に証明されているちゃんとした法則ですので、こういった話はあながち無視できないかもしれません。

パレートの法則でマインドコントロール

最後にこんな言葉を皆さんに贈ります。

 

「株式投資にかけた総時間のうち、本当に有益な情報は20%である」

 

なんでも同じですが、初心者がすぐに儲けられるという美味しい話は存在しません。

 

地道に色んなことを勉強して、試行錯誤しながら分かってくるものではないかと思います。

 

無駄な情報があって当然だし、有益なものでも自分に合わないこともあります。

 

パレートの法則で考えると20%しか本当に必要な情報はありません。

 

言い換えれば、20%の時間で勉強したことぐらいしか役に立たないということです。

 

にほんブログ村 株ブログへ

 

なかなか面白かったので、皆さんに紹介してみました。

 

ちょっと違う目線からのアプローチはいかがだったでしょうか。

スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析