初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

RSIとRCI

RSIとは「相場の過熱感などを数値で示すために開発された分析手法」です。

 

似ているものでRCIという分析手法もあるので、今回は両方を見ていきたいと思います。

 

RSIは、Relative Strength Indexの略称で、訳すと相対力指数となります。
RCIは、Rank Correlation Indexの略称で、訳すと順位相関指数となります。

 

RCIは後半に説明するので、先にRSIをマスターしましょう。

 

まずは、イメージが大切な ので下図をご覧ください。

 

RSIのチャート図 

 

チャートの下にある紫色の線で表したグラフがRSIです。

 

見た通りで、RSIは0〜100までで表現されます。

 

次に算式を確認します。
RSIで使われるのは、前日比の値動きとなります。

 

RSI=上げ幅の合計÷
    (上げ幅の合計+下げ幅の合計)×100

 

式だけでは分かりにくいので、例を挙げます。
通常、RSIの期間は14日間で見られますが、簡素化するために5日間でやってみます。

 

1日目:100円(前日比+10円)
2日目:125円(前日比+25円)
3日目:110円(前日比-10円)
4日目:145円(前日比+35円)
5日目:125円(前日比-20円)

 

こんな感じで株価が推移した場合は・・・

 

RSI=(10+25+35)÷((10+25+35)+(10+20))

 

となり、RSIは70と計算されます。

 

この例の5日間は上げ相場であるのは明らかだと思います。
なので、下げ相場の例も挙げておきます。

 

1日目:100円(前日比+10円)
2日目:95円(前日比-5円)
3日目:85円(前日比-10円)
4日目:90円(前日比+5円)
5日目:70円(前日比-20円)

 

この場合は、RSIは30となります。

 

つまり相場が過熱してくると、RSIも上昇します。

 

一般的には・・

 

RSIが20〜25以下のときは買い時
RSIが75〜80以上のときは売り時

 

ただし、何かの材料で相場が急騰、急落している場合には数字が100もしくは0付近に近づいてRSIが機能しなくなります。

 

どっちつかずの相場では、RSIを手掛かりに過熱感を見ている投資家も多いので要所ごとに仕掛けると有効です。

RSIとRCIの違い

RCIについて冒頭出したっきり全く触れませんでしたが、今から見ていくのでご安心下さい!

 

RSIとの大きな違いは算出方法です。

 

使い方自体はRSIが理解できれば、RCIも過熱感を見るためのものなので同じように使えます。

 

まずは、下図をご覧下さい。

 

RCIのチャート図

 

RSIと似てますよね・・・
違いは、−100〜100までで表現されているだけで見方は全く同じです。

 

次に算出方法です。

 

RSI=(1−6Σ(x−y)^2÷(n^3−n))×100

 

xは終値の順位、yは日付の順位、nは期間中の日数

 

終値の順位とか日付の順位って何だ?って感じですよね。

 

これは、例を挙げながら説明していきます。
RSIでも使った例を引用したいと思います。

 

1日目:100円(前日比+10円)
2日目:125円(前日比+25円)
3日目:110円(前日比-10円)
4日目:145円(前日比+35円)
5日目:125円(前日比-20円)

 

RCIでは、株価の終値に注目します。

 

まず、株価が高い順に12345と順位をつけます。
これが「終値の順位」というやつです。

 

次に日付に注目します。現在に近いものから12345と順位を付けます。
これが「日付の順位」です。

 

つまり・・・

 

1日目:100円(終値:5位、日付:5位)
2日目:125円(終値:2.5位、日付:4位)
3日目:110円(終値:4位、日付:3位)
4日目:145円(終値:1位、日付:2位)
5日目:125円(終値:2.5位、日付:1位)

 

このようになります。
ちなみに、2.5位というのは、2位と3位が同じなので間と取って(2+3)÷2=2.5としています。

 

これを計算すると、RCI=67.5となります。

 

もう一つの例でも、RCIを考えてみましょう。

 

1日目:100円(終値:1位、日付:5位)
2日目:95円(終値:2位、日付:4位)
3日目:85円(終値:4位、日付:3位)
4日目:90円(終値:3位、日付:2位)
5日目:70円(終値:5位、日付:1位)

 

これを計算すると、RCI=−90となります。

 

勘の良い方は、最初からお気付きかもしれませんが、RCIは100に近づくほど加熱感があると言えます。

 

一般的には、100に近づくと売り、−100に近づくと買いと言われています。

 

RSIとRCIの違いをまとめると・・・

 

@数値の範囲が違う。
A算出方法が異なる。

 

使い方は似ていますが、算出根拠は異なるので組み合わせて使うとより正確に加熱感を把握できます。

 

お疲れ様でした!以上でRSIとRCIの説明を終わります。

スポンサードリンク


ランキング

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
株式投資を始めよう! ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析