初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは「過去の株価推移を市場の経験則に照らし合わせることで将来の株価推移を予測すること」です。

 

短期的な買い、売りのタイミングを判断するのに不可欠な手法です。

 

ファンダメンタル分析で良い会社を見つけても買うタイミングを間違えれば、損をする可能性が高まります。

 

一般的に、デイトレーダーなど短期筋が重視する指標ですが、半年や1年、あるいはそれ以上といった単位で分析することも可能です。

 

トレンドが見えていれば高値で掴むリスクも減ります。また、売り抜けるタイミングも自信をもって決められるはずです。

 

短期投資で儲けてやろうという方であれば絶対に必要ですし、長期投資でじっくり派も無視できない分析手法です。

 

テクニカル分析は、ファンダメンタル分析と異なり学問的な要素は少ないです。
実際に取引してみて、感覚的に覚えていける話だと思います。

 

どんな分析があるのか頭に入れておいて、日々の取引を通じて「これって買い時かな」と自分で考えてみる。

 

実際に買う必要はありませんが、結果がどうなっていくのかはリアルタイムで見られるので、記憶によく残ります。

 

要するに、実践あるのみ!です。
というわけで、まずは一通り説明をご覧下さい。

 

ローソク足(基礎編) ローソク足は、テクニカル分析のベースとなるチャートの基本中の基本です。初心者の方は、ここの足固めをしっかりしておかないと後で痛い目をみます。少しペースを落として確実に理解して下さい。
ローソク足(実践編) ローソク足の実践的な使い方について説明していきます。この後、色々な手法を見ていきますが、まずはローソク足だけでもテクニカル分析ができることを体感して下さい。
移動平均線 移動平均線は、テクニカル分析の中でも、最頻出の分析手法です。使うかどうかは別にして、これを知らない人は株式投資の超初級者扱いです。しっかり押さえておきましょう。
グランビルの法則 グランビルの法則は、移動平均線の応用編といったところです。とは言え、有名な理論であり多くの市場参加者が知っているので、覚えておくと便利なテクニカル分析の一つだと思います。
ボリンジャーバンド ボリンジャーバンドは、統計学を応用したテクニカル分析です。理論的には少し難しいことをやっていますが、結論は分かりやすいので使いやすい手法です。初心者の方でも扱いやすいのでおすすめです。
RSIとRCI RSIとRCIは、市場の過熱感を分析する手法です。決めてに欠ける相場での威力は抜群のテクニカル手法です。初心者の方には少し難しい手法ですが、テクニカル分析は経験が大きいのでチャレンジしていきましょう。
ストキャスティクス ストキャスティクスは、RSI等と同様に相場の過熱感をみるテクニカル分析です。慣れれば売買タイミングが掴みやすい手法なので、初心者の方にもおすすめです。
一目均衡表 一目均衡表はトレンドや転換点などを分析する指標です。日本発祥とういうこともあり、日本の投資家達に広く用いられる手法です。完璧に理解するのは上級者向けなので、今回は扱いやすいポイントに絞って説明していきます。
スポンサードリンク


ランキング

用語集

リンク集

スポンサードリンク


 
株式投資を始めよう! ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析