ページTOPへ

経済指標分析とは

初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!

経済指標分析とは

経済指標とは「それぞれの国の経済状況(物価、金利、景況感など)を数値化したもの」です。

 

アメリカ経済は好調だ、アジアの経済成長はスピードダウンしている等、このような抽象的な表現をどこかで聞いたことがあると思います。

 

ただ、そうは言われてもそれでは実際にどれだけ良いのか、悪いのか、判断できません。

 

この曖昧な表現を定量的に表現しているのが、経済指標と言えます。

 

ここでは、経済指標そのものの説明から、経済指標に大きな影響を受け、かつ株価変動の指標となる為替の話や経済指標に大きな影響を与える政治要因の話まで網羅していきたいと思います。

 

株価変動は通常はテクニカルに動いていますが、大きく見ると経済指標を根拠にしたターニングポイントがあります。

 

それらをしっかりと見極めることが非常に大切になります。

 

日経平均株価

とTOPIX

日経平均株価とTOPIXは、全ての株主が気にしている指標と言っても過言ではありません。それぐらい重要な指標なので、どういったものなのか、どのように計算されているのか、しっかり理解しておきましょう。

円高と円安

為替の動向はFXで取引をする方だけが分かっていれば、いいものではありません。株式との関係が非常に強く、株式投資家にとって重要な指標になります。これを機に、為替について少しだけ理解を深めてみましょう。

FRBとFOMC

FOMCは指標ではなく会合の名称ですが、金融経済に非常に強い影響力を持っているイベントなので、確実に押さえておく必要があります。FOMCの動向は、投資家の注目の的であり、議長の言動一つで市場を大きく動かくしてしまうことも多々あります。

雇用統計

米国の景況感をみる上で最も重視される指標と言えます。発表時には市場の関心も集めるため、前後は金融市場の値動きに大きな影響を与えます。FOMCでも政策決定の指標として参考にされており、その重要性が伺えます。

政策金利

各国の中央銀行によりコントロールされている政策金利は、その国の物価、経済、為替に大きな影響を与えます。短期的には、為替に与える影響が大きく、為替が動けば株価も動くので、金融市場では無視できない重要なファクターです。

国内総生産(GDP)

国力を測るために使われる指標です。この良し悪しは、その国の通貨や債券、もしくはその国に所属する企業の評価に繋がります。まず、大前提としてその国のポテンシャルを見極めながら投資をするために大切な指標と言えます。

物価変動と景況動向

経済の動向を測る上で重要になってくるのが物価変動と景気動向です。これら重要なファクターを指数化しているものが公表されています。投資家としては、しっかりと押さえておきたい経済指標となります。
スポンサードリンク

リンク集

スポンサードリンク

用語集

スポンサードリンク


 
株式投資について ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析