ページTOPへ

株式投資を始めるにはいくら必要なのか

株式投資を始めるにはいくら必要なのか

株式投資を始めるにはいくら必要なのか

結論から言ってしまうと、10万円程度あれば株式投資を始めることは可能です。ただし、この始めるという定義は売買をするという意味なので、注意して下さい。

 

皆さんは株を売買するのが目的ではなく、何かしらの利益を得ることが目的だと思います。

 

今回はそういった観点から必要資金について少し詳しく解説していきたいと思います。

 

さて、株式投資というと、大きなお金が動いているイメージを持ってい敷居が高く感じている方が多いと思います。

 

大きなお金が動いているということ自体は事実です。しかし、個人投資家レベルで言えば、別に少額でも株式投資を行うことができます。

 

例えば、誰もが知っている企業で言えば、みずほ銀行は17,000円程度、日産自動車は10万円弱、丸紅は8万円弱、東レも8万円弱です。まだまだ、10万円以下の銘柄はたくさんあります。

 

もちろん、100万円以上出さないと買えない株もありますが、10万円〜30万円のレンジに多くの銘柄が集まっています。

 

なので、株式投資は10万円ぐらい資金を準備できれば、誰でも始めることができます。

株式投資の目的は利益を出すこと

当たり前のことをタイトルにしましたが、初心者の方は株式の売買をすることが目的になってしまうケースも少なくありません。

 

株式投資で儲けるにはどれぐらいの資金を準備する必要があるのか考えていかなければいけません。

 

ズバリ皆さんがいくら儲けたいかによって、資金は変わってきます。

 

株式投資の世界では、年間10%資産を増やせれば、優秀と言われます。リスクを抑えて、安定株や優待株などを狙っていっても、リターン率は3%あれば、初心者としては優秀な方だと思います。

 

3%という数字で計算すると、100万円の資金を準備すれば、年間3万円の利益が出るという計算です。

 

逆に、10万円利益が欲しいと思えば、333万円の資金を準備する必要があるという計算になります。

リスク分散のために、ある程度資金が必要

欲しい利益を出すために、だいたいの資金の目安は見えてきたでしょうか。

 

最後に、リスク分散のために資金はある程度余裕を持つべきという話をしていきます。

 

簡単に言えば、100万円の資金を準備して、それを全て特定企業の株に突っ込むのは非常にリスクが高いということです。

 

これは皆さん何となく理解できるかと思います。もし、学問的な根拠が知りたい方はこちらをご覧下さい。

 

ただ、このリスク分散をするためには、資金に余裕を持つ必要があります。なぜならば、株式は数十万円単位で購入するものなので、少ない資金だと1、2銘柄しか買うことができないためです。

 

なので、先ほどお話した欲しい利益からの逆算に加えて、少し余裕資金を持つぐらいが軍資金として適正です。

 

ただし、まずは株式投資をやってみるというのも、非常に重要な経験だと思うので、資金が集まるまでは練習として少額売買をするのはおすすめです。

 

株式投資の始め方はこちらで詳しく解説しています。

 

お疲れ様でした!
皆さんの疑問に対して、少しでも役に立ったら幸いです。

株を始める王道3ステップ

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証 管理人ブログ