ページTOPへ

株売買の種類は3つだけ!現物取引、信用取引、PTS取引

株売買の種類は3つだけ!現物取引、信用取引、PTS取引

株売買の種類

株売買の種類は、以下3つあります。

株売買の種類

@現物取引:株式市場において自己資金で行う取引のこと

 

A信用取引:証券会社から資金や株式を借り入れることで、自己資金以上の資金力で取引を行える取引方法

 

BPTS取引:東証などの金融商品取引所を介さずに有価証券を売買を可能とした取引のこと

下記にて、それぞれの詳細を説明していきます。

現物取引

現物取引とは、「自己資金で行う取引のこと」です。

 

最も一般的な取引手法ですが、デリバティブ取引や信用取引と区別するために、「現物」といった表現を使います。特徴として、株主の権利が認められることが挙げられます。

 

株主の権利とは、主に議決権や配当金、株主優待などです(配当金は信用取引でも調整金という形で相当額が受け取れます)。

 

現物取引で手に入れた株式は、自己資産の一部なので、手堅く資産形成していくには、現物取引でやっていくのが間違いないと思います。

信用取引

信用取引とは、「証券会社から資金や株式を借り入れることで、自己資金以上の資金力で取引を行える取引方法」です。

 

例えば、100万円資金があるとします。これを保証金として、100万円は証券会社から借りて200万円のA株式を購入します。もし、A株式を250万円で売却した場合、借りてきた100万円を返して150万円になるので、50万円利益が出たというわけです。

 

もし、A株式が値崩れしてやむを得ず150万円で売却したならば、借りた100万円を返すと50万円しか残らず、50万円の損失になります。

 

信用取引では200万円の取引をしていたため、現物取引で100万円で取引していた場合と比べて、倍の損益になることが分かるかと思います。このようにハイリスクハイリターンな取引ができるのが信用取引です。

 

また、もう一つの特徴で、「空売り」をすることが可能です。

 

空売りとは「株式相場で売りから入る取引のこと」です。現物取引では、株を購入しない限り、売るという取引は発生しないですが、信用取引だと株式を借りてくるということが可能なため、それを売って買い戻して、株を返却するという取引が可能です。

 

例えば、100万円のA株を証券会社より借りてきて売ります。その後、A株が値崩れして50万円になったところで買い戻して、A株を返却します。この場合、A株を返却しても50万円手元に残り、50万円利益が出るということになります。

 

このような空売りができると、値上がりする株ではなく、値下がりする株への投資で儲けることも可能となるため、非常に戦略の幅が広がります。

 

また、信用取引は二つに分類することができます。

@制度信用取引
証券所の基準により、返済期間が6か月、その他品貸料などの条件が決められている信用取引

 

A一般信用取引
各証券会社で、返済期間や品貸料を自由に設定することができる信用取引

信用取引は、当然自己資金以上で取引しているため、自己資金に対して損益の幅が大きくなるというリスクがある点は理解する必要があります。(このリスクはメリットとも言えます)

PTS取引

PTS取引とは、「東証などの金融商品取引所を介さずに有価証券を売買を可能とした取引のこと」です。

 

通常、日本の株式市場は、9:00-11:30、12:30-15:00の間しか開かれていません。つまり、この時間以外は証券取引所を通した取引はできないです。

 

そこで、投資家の利便性を高めるために、SBIジャパンネクスト証券株式会社が「ジャパンネクストPTS」という市場を運営しています。これを略してPTSと呼んでいます。PTSは、Proprietary Trading Systemの頭文字を取っており、訳すと私設取引システムと言います。

 

取引時間は、8:20-16:00、19:00-23:59となります。日本でも、徐々に普及してきており、現在は取引全体の5%の取引規模まで成長してきました。

 

特徴としては、手数料が安いことと取引時間が長いことの2点が挙げられます。投資家にとっては夜間取引ができるので非常に便利なサービスと言えます。

 

注意点としては、市場参加者の少なさや取扱いが現物のみなどを理由に、大企業の銘柄であっても流動性が低いので、株価が適正に反映されていないことがあります。

 

株式の入手場所が違うだけで、現物取引と同じく自己資金で行う取引です。また、PTS取引で購入して、売るときは通常の証券取引所で売買するということも可能なので、流動性の面でも心配はありません。

 

トップページに戻る

管理人

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証