ページTOPへ

財務レバレッジの適正水準は何倍?計算式から紐解く真の役割

財務レバレッジの適正水準は何倍?計算式から紐解く真の役割

財務レバレッジとは|計算式は?

財務レバレッジとは「企業の持つ総資産を純資産額で割って算出した数値」のことで、自己資本に対する事業規模を測る指標です。

 

一般的に、財務レバレッジはその企業における自己資本の活用度合を測るために用いられます。

 

この数字が高いと借金が多いことを意味するので、財務的にリスクの高い会社と判断されます。

 

まずは計算式を確認します。

 

財務レバレッジ=総資産/純資産×100

 

気付いている方もいるかと思いますが、財務レバレッジの式は自己資本比率の式を逆にしただけです。

 

つまり、自己資本比率と同様に財務健全性を測る指標ということになります。

計算式から紐解く財務レバレッジの真の役割

財務レバレッジはどれぐらい借金をして資産を取得しているのか表しており、安全性を測る指標です。

 

と言っても、なかなか財務レバレッジの存在意義に納得できない方も多いかと思います。

 

財務レバレッジはROEとROAの話と合わせて理解することが大切なので、ここで説明しておきます。

 

まずは、ROEの式を変形していきます。

 

ROEの算式を思い出して下さい。厳密には、×100する必要がありますが、今回は省略します。

 

ROE=利益/純資産

 

この式を以下のように変形します。

 

ROE=利益/総資産×総資産/純資産

 

先ほど示した財務レバレッジの式を使うと、以下のように言い換えることができます。

 

ROE=ROA×財務レバレッジ

 

ROEの欠点は自己資本比率が低ければ、利益が少なくてもROEが高くでてしまうことにあります。ROE単独では収益性の分析に難があるのです。

 

しかし、このROEを分解していくと、ROAで収益性、財務レバレッジで安全性を分析できるので、欠点はカバーできることが証明されています。

 

ちなみに、ROAだけでも資本構成が見えないので、安全性は分析できません。

 

ROAやROEだけでは安全性分析ができませんでした。

 

これを補完するのが財務レバレッジであり、ROAやROEの欠点を補うことこそ財務レバレッジの真の役割であると言えます。

財務レバレッジの適正水準

では、財務レバレッジの適正水準とは何倍なのでしょうか?

 

答えは2倍前後と言われています。実際に、優良企業の財務レバレッジの水準を確認します。

 

ソフトバンクは6倍
ファーストリテイリングは2.26倍
トヨタ自動車は2.69倍

 

リスクを取って多額の投資をするイメージのあるソフトバンクは財務レバレッジが高くなっています。

 

2倍を上回ると財務基盤が弱くなっている目安と言えるので、投資判断は慎重に行った方が良いです。

DEレシオとの違い

財務レバレッジ同様に財務健全性を見る代表的な指標が2つあります。

 

それは自己資本比率とDEレシオです。自己資本比率は財務レバレッジを逆にしただけなので、分かりやすいですが、DEレシオは計算式や意味合いが少し異なるので押さえておきましょう。

 

DEレシオの計算式は以下となります。

 

DEレシオ=有利子負債/自己資本×100

 

英語でDebt Equity Ratioを略してD/E Ratioと呼ばれており、名前からも借金と資本のレシオであることが分かります。

 

DEレシオの特徴は有利子負債の割合を見ているところにあります。

 

財務レバレッジや自己資本比率では利子の無い負債(買掛金や未払金など)も含まれており、企業にとって本当に負担となる有利子負債がどれくらいなのかを分析することができません。

 

なので、DEレシオはより精度の高い分析を可能としています。

 

DEレシオの使い方ですが、100%を適正水準として、それ以下なら強い財務基盤がある目安にできます。逆に200%近い水準になっている企業は財務基盤がかなり脆弱と判断できます。

 

お疲れ様でした!
以上で、財務レバレッジの説明は終わります。

 

もっとファンダメンタル分析を知りたい方はこちらをご覧下さい。

管理人

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証