ページTOPへ

エリオット波動入門の要約

エリオット波動入門の要約

投資家になろう!へようこそ!


エリオット波動入門の概要

エリオット波動入門の要約です。

 

入門書と言っていますが、エリオット波動を学び実践で使うには、これ一冊でも充分可能な内容となっています。

エリオット波動入門
(ウィザードブックシリーズ)

ロバート・R.プレクター

 

 

 

 

 

第1部 エリオット波動の基本構造

エリオット波動の基本構造について説明しています。

 

第2部 エリオット波動の読み方

波の読み方について説明しています。

 

第3部 数学的な根拠

エリオット波動の根拠となる数学的な話を説明しています。

 

第4部 実戦での応用

エリオット波動の使い方を説明しています。

第1部 エリオット波動の基本構造

エリオット波動は5波と3波で構成されると言った良く知られた基本的な話から始まり、波の構造や分類について詳しく説明されています。

 

同じようなことを永遠と書いてあるので、難解に感じるかもしれませんが、何周か読んでいると本書が言いたいことが分かってくると思います。

 

要は、波には特徴があって、エリオット波動と認められるための形が存在しています。

 

その基本が分かっていないと、エリオット波動を知ったかぶりして、間違った波のカウントをすることになってしまいます。

 

当然、相場での的中率も低下してしまうことになるわけです。

 

本書を読む前に、簡単な話だけ本サイトでもまとめているので、良かったら読んでみて下さい。

 

エリオット波動の波の分類
エリオット波動のルール、フィボナッチ、ダウ理論との組合せ

第2部 エリオット波動の読み方

第1部との境界線が曖昧ですが、ここではより突っ込んで波動の役割や読み方について説明しています。

 

第1波はそれまでの弱気相場からの修正で基礎作り
第2波は戻りを試すものの売り圧力を消化する時期
第3波は最も力強い伸びを見せトレンドが明確になる
第4波である程度天井が見えてきた状態
第5波は見せかけの最後の上昇をみせる

 

ザックリとした波のイメージですが、こうした波をどのように見分けていくのか、波が持つ特徴や規則性について説明されています。

 

本書に書いてあることだけで完全に理解するのは難しいかもしれませんが、こうした知識を持っておくと実際の相場でも徐々に見え方が変わってきます。

第3部 数学的な根拠

ここは、読み飛ばしても良い内容だと思います。

 

一応、フィボナッチ級数や黄金比率の話が書いてあります。

 

興味がある方は読めば良いですが、エリオット波動を使う上で知らなくても支障はない内容だと思います。

第4部 実戦での応用

エリオット波動を使おうとした時に重要なのは、結局どこで波が反転するかということです。

 

それが分からないと、トレードでは意味がありません。

 

そうしたことを踏まえて、比率分析やフィボナッチ時間級数、ベンナー理論と組わせる方法などいくつかの使い方を紹介しています。

 

ここを読めば、意外と反転ポイントを見つけるのは簡単であることが分かります。

 

むしろ、波を正確に把握する方が難しいので、第1部と第2部に書いてあることをきちんと理解するというのが大切です。

 

波は何となく読めた気になっているところで、間違った読み方をしている方も多いので注意が必要です。

エリオット波動入門のまとめ

繰り返しになりますが、本書は入門書と書いてありますが、まあまあ上級者向けの投資本と言えます。

 

それなりに相場の知識がある方でないと、本書を読み進めるのは難しいです。

 

高額な書籍ですが、それだけにエリオット波動のエッセンスが詳細にまとめられており、波動の読み方を理解したい方はこれ一冊で充分な内容となっています。

 

もし、エリオット波動ってどんなのか少し知りたいぐらいならば、当サイトでもエリオット波動にまとめたページがあるので、合わせて読んでみて下さい。

 

エリオット波動の波の分類
エリオット波動のルール、フィボナッチ、ダウ理論との組合せ

 

本書では、さらに突っ込んだ内容が書かれているので、実践で使いこなしたい方向けの書籍であることは強調しておきます。

エリオット波動入門
(ウィザードブックシリーズ)

ロバート・R.プレクター

 

 

 

 

 

 

お疲れ様でした!
その他多数の投資本をレビューしています。
⇒【書評】おすすめ投資本一覧

当サイトを探す際は投資家になろうで検索


スムーズな投資家デビューの3ステップ!

 STEP1 投資の知識を学ぼう

 株式投資で最低限必要となる知識を紹介

 

 STEP2 証券口座を開設しよう

 あなた次第で使うべき証券会社は変わる

 

 STEP3 投資本を読もう

 投資の知識を体系的に学ぶのが近道



 
投資本の探し方 メンタル分析 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証