ページTOPへ

ピーターリンチの株で勝つの要約

ピーターリンチの株で勝つの要約

投資家になろう!へようこそ!


ピーターリンチの株で勝つの概要

ピーターリンチの株で勝つの要約です。

 

おそらく、投資の世界に足を踏み入れれば、必ず耳にするであろう株式投資界の名著です。

 

評価されているだけあって、有益な投資ノウハウが書かれているので、ぜひ読んでみることをおすすめしたい1冊です。

ピーター・リンチの株で勝つ 
アマの知恵でプロを出し抜け

ピーター・リンチ
ジョン・ロスチャイルド

 

 

第1部 投資を始める前に

投資家として成功するために必要となる基本事項の解説です。

 

第2部 有望株の探し方

テンバガーを探すためのノウハウを説明しています。

 

第3部 長期的視点

実際のトレードやポートフォリオの組み方を説明しています。

第1部 投資を始める前に

投資家としての心構えが書いてあるので、熟読推奨です。

 

ファンドマネージャーである著者の立場から、プロよりも個人投資家が有利である点が指摘されています。

 

プロは良く分からないベンチャーに投資して失敗すれば大バッシングを受ける。でも、IBMに投資して失敗すると、まあ仕方ないとなる。

 

だったら、皆IBMに投資しようとなるわけで、プロは銘柄を選ぶ権利など持っていないという話でした。

 

最近のファンド事情がどうなのか良く分かりませんが、ファンドマネージャーから見た内部事情は非常に面白く勉強になります。

 

さて話は変わりますが、皆さんは投資で成功するための資質がなんだと思いますか?

 

結論は、余計なことはせずにジッとしていられることだそうです。

 

自分の相場観、アナリスト達の情報等々、判断材料は沢山ありますが、大切なことは最初に期待したストーリーから外れていないかのみです。

 

シンプルにそこだけを確認して、粘り強く長期投資に取り組めることが成功者の資質というわけです。

 

ストーリーの話は次章でも詳しく扱われています。

第2部 有望株の探し方

この章では、テンバガーと呼ばれる株価が10倍になるような有望株の探し方を説明しています。

 

テンバガーを探すことは、個人投資家にとって難しくないことです。

 

なぜならば、近所のドーナツ屋さん、服屋さんなど、我々が普段使っているサービスの中にヒントは隠されているからです。

 

逆に良く分からない事業に対して良く調べずに投資するのは愚かな行為と言えます。

 

そう言われれば異論はないと思いますが、実際にそんな感じで投資した経験はあるのではないでしょうか。

 

さらに、本章の後半では、テンバガーとなり得る有望株の特徴と手を出してはいけない株の特徴について詳しく説明してあります。

 

特徴の一つを紹介すると、「耳障りの良い会社ではなく、つまらない名前の会社を買いましょう」

 

言われてみれば、最近の会社には横文字でカッコ良い社名が多いですが、名ばかりの上場ゴールになっている企業も多いなと思いながら読んでいました。

 

このような、あまり他では見ないユニークな特徴も含まれているので、中級者以上の方でも新たな発見があるかもしれません。

第3部 長期的視点

この章では、ポートフォリオの組み方や売買のタイミングについて書かれています。

 

特に印象に残ったのは、収益は年ベースではなくもっと長期的な視点で考えるべきという話です。

 

年ベースでは利益が出るときもあれば、損をするときもあるので、総じて10%程度を目標にするのが良いという話でした。

 

ちなみに、これはおそらくアメリカの金利が高い頃の話なので、ゼロ金利の日本に当てはめると利回り5%出ていれば優秀ではないかと思います。

 

また、これを達成するために必要となる、分散投資と投資戦略について説明されています。

 

投資戦略では、成長株、業績回復株、資産株など、銘柄の種類によって具体的な戦略示しています。
株式銘柄の種類|成長株、安定株、景気敏感株、業績回復株

 

最後に売買のタイミングについて、こちらはテクニックではなく、あくまでストーリーに沿ってトレードするべきとしています。

 

ストーリーとは、会社の業績予想であったり、業界動向であったり、その他諸々を含めた成長シナリオと考えて下さい。

 

株価とは、こうした会社の本質とは関係ないところで、上下を繰り返していますが、それを予測することは困難なので、基本無視してストーリーだけ注視していればよいということです。

 

つまり、このストーリーが崩れたら売り時ということになります。

ピーターリンチの株で勝つのまとめ

テンバガー(10倍株)という言葉を耳にする機会があると思いますが、それを広めたのは本書であり、著者のピーターリンチ氏だと言われています。

 

まさに、株価が上がる銘柄とは何か、本書はその本質を突いており、長く支持されているのが納得できます。

 

多くの投資本を読んでいて思うのは、株価を予測することはほぼ不可能だということです。

 

株価予想のノウハウが書かれている書籍も世の中に多く出ていますが、果たしてそれが役に立つのでしょうか。

 

その点、本書は株価予想ではなく再現性のある内容でありつつ、一般人に理解できる範疇で説明されており、きっとあなたにも新たな気付きを与えてくれます。

ピーター・リンチの株で勝つ 
アマの知恵でプロを出し抜け

ピーター・リンチ
ジョン・ロスチャイルド

 

 

 

お疲れ様でした!
その他多数の投資本をレビューしています。
⇒【書評】おすすめ投資本一覧

当サイトを探す際は投資家になろうで検索


スムーズな投資家デビューの3ステップ!

 STEP1 投資の知識を学ぼう

 株式投資で最低限必要となる知識を紹介

 

 STEP2 証券口座を開設しよう

 あなた次第で使うべき証券会社は変わる

 

 STEP3 投資本を読もう

 投資の知識を体系的に学ぶのが近道



 
投資本の探し方 メンタル分析 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証