ページTOPへ

パーフェクトオーダー使い方|株、FXのトレンドを読む手法

パーフェクトオーダー使い方|株、FXのトレンドを読む手法

パーフェクトオーダーとは

パーフェクトオーダーとは、「短期、中期、長期の移動平均線が同一の傾きとなっている状態のこと」です。

 

下図のようなイメージとなります。
パーフェクトオーダー

 

シンプルなので視覚的に分かりやすい上に、パーフェクトオーダーが発見されると強力なシグナルとなるので、非常に重宝されるテクニカル指標となります。

 

上図は上昇トレンドの場合ですが、下降トレンドの時はこれと逆の順番で傾きも下方向になります。

 

移動平均線関連のシグナルでは、ゴールデンクロスやデッドクロスが有名ですが、パーフェクトオーダーの起点もゴールデンクロスやデッドクロスになることが多いです。

 

移動平均線についての詳しい説明はこちら
単純移動平均線の種類、見方、計算式、期間設定

株、FXにおいてトレンドを読む重要性

そもそも、株やFXで重要なことは、流れに逆らわずにトレンドに乗るということです。

 

これをトレード用語では順張りと言います。

 

逆に、トレンドの転換タイミングを狙ってトレンドとは逆にポジションを持つことを逆張りと言います。

 

逆張りはハイリスクハイリターンな投資法なので、特に初心者の方にはおすすめできない手法です。

 

トレンドというのは気まぐれなのでいつ変わるのか誰にも読めないので、それをピッタリ当て続けるというのは神業に近いトレードなわけです。

 

テクニカル指標の中にはトレンド転換を見極めるものも数多くありますが、実際の相場はトレンド転換するよりもトレンド継続方が可能性として高いです。

 

なので、実際に順張りの方が利益が出やすいと言われています。

パーフェクトオーダーの使い方

パーフェクトオーダーの使い方はシンプルにトレンド把握です。

 

パーフェクトオーダーが成立する条件は2つだけです。

・短期、中期、長期の順番になっていること
・3つの傾きが同一方向を向いていること

パーフェクトオーダーは、どの期間の移動平均線を使うと明確には決められていませんが、短期は25日、中期は75日、長期は200日を使うことが多いかと思います。

 

そんなに厳しい条件ではないものの、短期トレンドで発生することはほぼ無く、長期的なトレンドとなることが多いです。

 

上昇、下降どちらのトレンドであっても、パーフェクトオーダーの出現は強いトレンドなので、基本戦略は順張りで良いです。

 

ただし、パーフェクトオーダーの出現は相場にトレンドが出てから少し遅れて出てくるので、シグナルが出たところが天井、つまりダマしになるケースも少なくありません。

 

これについては、どのテクニカル指標でも言えることですが、オシレーター系指標でトレンドの勢いを把握しておく等、複数の指標を併用するのがおすすめです。

 

お疲れ様でした!
もっとテクニカル分析を知りたい方はこちらをご覧下さい。

管理人

スポンサードリンク

用語集


 
おすすめ投資本 ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 株価の規則性検証